日本郵船/CRIMSON POLARIS号 座礁および油濁発生で船首部を八戸港内に曳航し係留|通販物流代行・物流コンサルティング・社員教育のイー・ロジット

物流ニュース

日本郵船/CRIMSON POLARIS号 座礁および油濁発生で船首部を八戸港内に曳航し係留

物流全般 2021.08.27

CRIMSON POLARIS号 座礁および油濁発生の件(第8報)

船首部を八戸港内に曳航し係留

青森県八戸港沖で木材チップ専用船CRIMSON POLARIS(クリムゾン・ポラリス、船主:MI-DAS LINE S.A.社[洞雲汽船株式会社の関連会社]、傭船者:日本郵船、以下「本船」)が座礁し、船体が分断して油濁が発生している件で、8月27日、分断された船体の船首部が、船主が手配したサルベージ会社によって八戸港内に曳航され、係留されました。

気象・海象の影響で海上での船首部の油抜き取り作業が長期化する見込みとなったことや、作業をより円滑かつ安全に行うため、船主・管理会社が地元自治体、関係団体、漁業関係者、その他関係者の皆様のご理解とご協力を得て、八戸港内への曳航と係留を行いました。

今後、船主が手配したサルベージ会社によって船首部の残存油の抜き取り作業が行われるとともに、積載貨物の陸揚げが行われる予定です。順調に作業が進んだ場合、残存油の抜き取りが9月中旬、積載貨物の陸揚げは9月末の作業完了を見込んでいます。船尾部については、海上保安庁および関係者が調査を継続しています。

本事故で近隣市町村の皆様、漁業関係者の皆様、本船の積載貨物の荷主関係者の皆様、その他関係者の皆様方には大変なご迷惑とご心配をおかけしていることについて、本船を通じた輸送に関わる一員として改めて深くお詫びを申し上げます。当社は、引き続き船主、船舶管理会社および関係者と協力して早期の事態解決に向けて全力で取り組みます。

【本船要目】
船種 :木材チップ専用船
全長・全幅 :199.9メートル・32.2メートル
総トン数:39,910トン
乗組員:21名(中国人、フィリピン人)
船籍:パナマ
船主:MI-DAS LINE S.A.社 (洞雲汽船株式会社の関連会社)
管理会社:美須賀海運株式会社
竣工年:2008年

同一企業ニュース検索

最新のニュース

カテゴリ一覧

メールニュースの登録
物流ニュース(朝刊)
物流話(メールマガジン)随時配信