椿本マシナリー/「物流エンジニアリング事業」へ本格参入|通販物流代行・物流コンサルティング・社員教育のイー・ロジット

物流ニュース

椿本マシナリー/「物流エンジニアリング事業」へ本格参入

物流全般 2021.08.27

マテハン事業の成長・拡大に向け、
椿本マシナリー、「物流エンジニアリング事業」へ本格参入
5年後(2025年度)、売上高30億円を目指す

2021/8/26

株式会社椿本マシナリー(社長:藤井 幸博、本社:大阪市西区、椿本チエインの100%子会社)は、システムインテグレーションを提供する、「物流エンジニアリング事業」へ本格参入します。

システムインテグレーション事例
2020年に稼働した、株式会社流通サービス様、オルビス様向けT-Carry system。
センター内を330台の小型AGVが自律走行

椿本チエインのマテハン事業拡大方針の一環として、椿本マシナリーでは、システムインテグレーションを提供する「物流エンジニアリング事業」へ本格参入します。
ねらいは、椿本マシナリーの機械商社として培ってきた情報力・調達力・販売ネットワークと、椿本チエイン・マテハン事業における技術力とのシナジー創出。加えて、物流現場の運用を熟知し、長期に渡ってお客様の課題を解決してきた専門技術者の豊富な知見により、メーカーの枠にとらわれない最適なソリューションの提供です。椿本マシナリーでは、当事業で5年後、売上高30億円を目指しています。 また今後、パートナー企業との連携により、新たなアイデアや商品を開発する共創プラットフォームを実現するラボ施設を新設する予定です。ここでは、お客様をはじめ来場者に、未来の物流の世界を体験いただけます。
現在、eコマースを中心に物流センターの人出不足が課題となっており、現場では生産性向上、業務効率向上への自動化・省人化・スペース有効活用のニーズが高まっています。さらに、社会課題であるCO2削減のための省エネ対応などを含め、お客様ニーズも多様化しています。椿本マシナリーでは、人員増強と組織力強化を図り、AI、ロボット技術の活用により、物流のハード面、ソフト面のトータルコーディネータとして、スピーディかつリーズナブルな商品・サービスを提供。お客様やパートナー企業から信頼、期待を寄せられる存在として、お客様の課題解決に貢献していきます。

詳細はこちら

【株式会社椿本マシナリーについて】
1999年、国内系列販売会社6社を統合して設立。つばきグループの国内商社として、機械部品、搬送システム等を中心に、幅広い業界のお客様に商品・サービスを提供している(人員:213名/拠点数:国内17拠点)。

同一企業ニュース検索

最新のニュース

カテゴリ一覧

メールニュースの登録
物流ニュース(朝刊)
物流話(メールマガジン)随時配信