三菱ロジスネクスト/レーザー誘導方式無人フォークリフト「 プラッターオート Hタイプ 」を新 発 売|通販物流代行・物流コンサルティング・社員教育のイー・ロジット
e-logit.com

物流ニュース

三菱ロジスネクスト/レーザー誘導方式無人フォークリフト「 プラッターオート Hタイプ 」を新 発 売

物流関連商品 2021.08.24

レーザー誘導方式無人フォークリフト
「 プラッターオート Hタイプ 」を新 発 売
~有人フォークリフトに匹敵する高効率無人フォークリフト~

三菱ロジスネクスト株式会社社(代表者:取締役社長 久保隆、本社:京都府長岡京市)は、2021 年 8 月24 日に、レーザー誘導方式無人フォークリフト「プラッターオート H タイプ」を全国の三菱ロジスネクスト販売店を通じて、発売いたします。
労働力不足に伴う物流現場の自動化は、製造現場での工程間搬送・保管を中心に進展してきましたが、現在ではコロナ禍での e コマース市場の拡大、物流倉庫での「非接触化」「自動化」の要望の高まりを背景に、従来は主に有人フォークリフトの使用現場であった流通現場での、無人フォークリフトの需要が増々高まっています。
このたび発売する新商品 「プラッターオート H タイプ」は、有人フォークリフトと同等の走行・リフト速度・旋回半径を実現し、物流倉庫への導入に最適なレーザー誘導方式無人フォークリフトです。
【商 品 名】 レーザー誘導方式無人フォークリフト 「プラッターオート H タイプ」
【製品写真】 FBRW10-MG80HLA-450M (1,000 ㎏積み、4.5m マスト装着車)

【主な特長】
1.有人フォークリフトと同等の搬送能力を実現
有人リーチ型フォークリフトと同等の走行速度・リフト速度を実現し、作業性を向上しました。
●走行・リフト速度アップ
周囲の安全性を確保することで、走行速度は最大 9.0 ㎞/h※1、リフト速度は 390 ㎜/sec※2 を実現し、搬送能力の向上を図りました。
●サイクルタイムの短縮
走行・リフト速度の向上と各連動動作を最適化し、各動作タイムラグを見直すことで標準無人フォークリフトと比較し、約 29%以上のサイクルタイム短縮が可能となりました。※3
2.有人フォークリフトと同じシステムレイアウトが可能
車体のコンパクト化、最小旋回半径の縮小等により、スペースセーヴィングを実現し、有人リーチ型フォークリフトと同等のシステムレイアウトを可能としました。
●ラック間通路幅 2.7m
荷姿 W1100×L1100 ㎜で直角積付け通路幅 2.7m を可能となり、有人フォークリフトのラックレイアウトがそのまま使えます。
●倉庫内のスペース効率向上
従来の無人フォークリフトに比べ、同数のパレット数を保管した場合、約 16%※4のスペースセーヴィングを可能とします。

3.安全機能の更なる強化
作業者との共存が必要となる物流倉庫での使用を想定し、安全装備を更に強化しています。
●車両の全周囲をカバーし障害物を感知
安全センサーを車体 4 ヵ所に配置。車体全周囲の障害物を検出し減速・停止します。また、車両全周に安全バンパーを装備し万が一の接触時にも安全を確保します。
●パレット差込時に機能するフォーク先センサー/衝突検知機構

4.レーザー誘導方式の採用でフレキシブルな対応が可能
車体上部のレーザースキャナで反射板を検出し車両の位置を把握して走行する「レーザー誘導方式」を採用しています。
●床面工事が不要でレイアウト変更が容易
磁気棒の埋設工事が不要ですので、床工事不可の物流現場(マルチテナント倉庫等)への導入に最適です。また、フレキシブルにルート変更ができ、レイアウト変更を容易に行えます ●自動で最適搬送ルートを選択
複数台稼働管理システム「Route Opimizer(ルートオプティマイザー)」により、限られた空間でもそれぞれが自動的に最適ルートを選択し、効率的な搬送を可能とします。
※1 前進時、負荷/無負荷時の走行速度 ※2 負荷時リフト上昇速度
※3 当社標準タイプ無人フォークリフトとの比較数値(実測値) ※4 当社標準タイプ無人フォークリフトとの比較数値
【年間販売目標】 50システム(100台) 注:無人フォークリフトシリーズ全機種の目標

同一企業ニュース検索

最新のニュース

カテゴリ一覧

メールニュースの登録
物流ニュース(朝刊)
物流話(メールマガジン)随時配信