築地魚市場/6400万円の経常黒字化(2022年3月期 第1四半期決算短信〔日本基準〕(連結))|通販物流代行・物流コンサルティング・社員教育のイー・ロジット
e-logit.com

物流ニュース

築地魚市場/6400万円の経常黒字化(2022年3月期 第1四半期決算短信〔日本基準〕(連結))

決算短信 2021.08.12

2022年3月期 第1四半期決算短信〔日本基準〕(連結)
単位・百万円  

           売上高   営業利益 経常利益 当期純利益

2022年3月期第1四半期 13,109 ―    27 ―   64 ―   52 ―
2021年3月期第1四半期 14,244 △16.5  △75 ―  △38 ―  △44 ―
(注)包括利益 2022年3月期第1四半期 143百万円 (―%) 2021年3月期第1四半期 24百万円 (―%)

(略)

(1)経営成績に関する説明
当第1四半期連結会計期間より、「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号 2020年3月31日)等を適用しており、その結果、当第1四半期連結累計期間における売上高は、前第1四半期連結累計期間と比較して減少しております。
当第1四半期連結累計期間におけるわが国経済は、昨年来の新型コロナウイルス感染症の影響による経済活動の制限や個人消費の低迷が続くなか、各種政策、ワクチン接種等の効果で持ち直しの動きが一部では見られるものの、感染力の強い変異株の出現や緊急事態宣言の再発出等により、厳しい状況が続きました。また海外経済は、ワクチン普及による経済活動の正常化に期待が寄せられる一方、ワクチン接種率の伸びの停滞や変異株ウイルスによる感染の拡大等の懸念材料を抱えており、景気の先行きは不透明な状況が続いております。
当社を取巻く水産物卸売業界においては、巣ごもり需要増を背景に量販店向けへの売上は順調に推移しました
が、同感染症の影響により、インバウンド消費の消失や外食産業の需要の低下等により業務筋向けの販売が苦戦、海外との買付競争等もあり厳しい業界環境が続いております。
このような状況のもと、当社グループは、同感染症拡大の影響もありましたが、グループ会社の再編、当社の構造改革、適正在庫による販売の効率化等の業務運営を行うことにより、売上高は、13,109百万円(前年同期売上高14,244百万円)となり、売上総利益の増加と販売コストの削減により、営業利益は27百万円(前年同期営業損失75百万円)、経常利益は64百万円(前年同期経常損失38百万円)、親会社株主に帰属する四半期純利益52百万円(前年同期親会社株主に帰属する四半期純損失44百万円)となりました。
なお、期初に掲げた中期経営計画『SG-2023』の一環として業務効率化を目的に、株式会社東市ロジスティクスを存続会社とした株式会社東市ロジスティクスと豊海東市冷蔵株式会社との合併を行っております。
また、連結上の重要性が増したため、株式会社キタショクを連結の範囲に含めております。

(略)

同一企業ニュース検索

最新のニュース

カテゴリ一覧

メールニュースの登録
物流ニュース(朝刊)
物流話(メールマガジン)随時配信