三井E&Sマシナリー/ユニエツクスNCT向け、ニアゼロエミッション型 港湾荷役クレーン4基を受注|通販物流代行・物流コンサルティング・社員教育のイー・ロジット
e-logit.com

物流ニュース

三井E&Sマシナリー/ユニエツクスNCT向け、ニアゼロエミッション型 港湾荷役クレーン4基を受注

物流関連商品 2021.08.05

株式会社ユニエツクスNCT向け、ニアゼロエミッション型 港湾荷役クレーン4基を受注

TranstainerM08(NZE)_1.jpg
ニアゼロエミッション型トランステーナ®イメージ図

株式会社三井E&Sマシナリー(代表取締役社長:田中 一郎、本社 東京都中央区、以下当社)は、日本郵船株式会社(代表取締役社長:長澤 仁志、本社 東京都千代田区、以下日本郵船)のグループ会社である株式会社ユニエツクスNCT(代表取締役社長:小原 祥司、本社東京都品川区)より、日本郵船東京コンテナ・ターミナル(NYTT/東京港大井埠頭 6/7号バース)向けニアゼロエミッション型トランステーナ®(注1)計4基を受注しました。

現在、国土交通省では、国際物流の結節点・産業拠点となる港湾において、脱炭素化に配慮した港湾機能の高度化等を通じて温室効果ガスの排出を全体としてゼロにする「カーボンニュートラルポート」の形成に取り組んでいます。その中で、コンテナターミナル内の荷役で広く用いられているタイヤ式門型クレーン(以下「RTGC」:Rubber Tire Gantry Crane)は、機上に搭載されたディーゼル発電機セットで得られる電気を動力源としているため、脱炭素化が強く求められています。

当社では、コンテナの巻下中に発生する回生電力を回収し、巻上時に再利用することでディーゼル発電機からの排気ガスを削減するハイブリッド型のRTGC(商品名:トランステーナ®)を2006年より販売してきました。今回受注したニアゼロエミッション型トランステーナ®は、大型蓄電池と小型ディーゼル発電機セットを搭載しており、将来の水素社会の到来を見据え、電源装置を水素燃料電池(FC)に換装、最小限の改造でゼロ・エミッションを達成することが可能な仕様となっております。当社は、お客様の要望に沿い、カーボンニュートラルポートの実現を目指していきます。

三井E&Sマシナリーは、前身の三井造船時代に日本で最初のコンテナ用ヤードクレーンを設計・製作し、1968年に神戸・摩耶埠頭に納入致しました。 以来、世界の至るところで当社のトランステーナ®が採用され、2021年4月現在、国内外の港に累計1525機を納入しています。また、2009年よりは環境対応型のハイブリッド・トランステーナ®の販売を開始し、現在までに国内外の港に273機を納入しています。今後もこれらの製品を通して、日本政府が掲げるグリーン社会、カーボンニュートラルポートの実現に貢献していきたいと考えております。 トランステーナ®、PACECO®は当社子会社であるPACECO® CORP.の登録商標です。

(注1)ニアゼロエミッション型トランステーナ®に関しては2月15日付当社プレスリリース参照
https://www.mes.co.jp/press/2021/0215_001565.html

同一企業ニュース検索

最新のニュース

カテゴリ一覧

メールニュースの登録
物流ニュース(朝刊)
物流話(メールマガジン)随時配信