IHI/バイオ医薬品の保管・輸送向けに極低温冷凍冷蔵庫を応用展開|通販物流代行・物流コンサルティング・社員教育のイー・ロジット
e-logit.com

物流ニュース

IHI/バイオ医薬品の保管・輸送向けに極低温冷凍冷蔵庫を応用展開

物流システム 2021.07.21

バイオ医薬品の保管・輸送向けに極低温冷凍冷蔵庫を応用展開 ~国際宇宙ステーション向けの技術を応用,無電源でもマイナス70℃以下を6時間以上維持~

株式会社IHI※1(以下「IHI」)とグループ会社である株式会社IHI物流産業システム※2(以下「ILM」)は,このたび,グループ会社である株式会社IHIエアロスペース※3(以下「IA」)が,宇宙航空研究開発機構※4(以下「JAXA」)と国際宇宙ステーション(以下「ISS」)向けに開発した極低温冷凍冷蔵庫「FROST2」を,バイオ医薬品の保管・輸送用に応用展開していきます。FROST2は,電源に接続することで極低温冷凍冷蔵庫として使用できるほか,無電源の状態でも,ドライアイスを代替する高性能保冷剤により,庫内温度マイナス70℃以下を6時間以上維持することが可能です※5

 昨今の新型コロナウイルスの感染拡大をきっかけに,日本でも国産バイオ医薬品の開発が急速に進められています。バイオ医薬品はタンパク質や生物由来の物質から生成される医薬品で,特に原薬の保管・輸送には,タンパク質の酵素分解が停止するマイナス60℃以下での管理が求められます。従来,バイオ医薬品の保管・輸送にドライアイスが用いられてきましたが,航空法により,ドライアイスの積載量に制限があるのに加え,近年,脱炭素化の影響で,ドライアイスの原料が十分に調達できず,供給量が減少しているため,新たな保管技術や輸送ニーズが高まっています。

 FROST2はISSの「きぼう」日本実験棟での,たんぱく質や細胞の保管や各実験に使用されている冷凍冷蔵庫であり,高性能保冷材と,独自の断熱材積層構造のコンテナ,また,スターリングクーラーと呼ばれる次世代型冷却器で構成されています。電源接続時,庫内温度を調整可能なことに加え,無電源の状態でも,高性能保冷剤により,マイナス70℃以下を6時間以上維持できる点が特徴です※5。今後,ILMが得意とする自動倉庫とFROST2を応用した保冷技術を組み合わせることで,これまで実現が難しかったバイオ医薬品の原薬や中間体,細胞医薬品を大量に保管・輸送することも可能になります。

 IHIとILMは,国内トップクラスのシェアを持つ冷凍・冷蔵物流システムのソリューションと,その豊富な実績を通して培った独自の技術を活かして,今後も医薬,医療分野に限らず,様々な分野におけるコールドバリューチェーン全体の発展に貢献して参ります。

<脚注>
※1 株式会社IHI(所在地:東京都江東区,社長: 井手 博)
※2 株式会社IHI物流産業システム(所在地:東京都江東区,社長: 笠 俊司)
※3 株式会社IHIエアロスペース(所在地:東京都江東区,社長: 並木 文春)
※4 宇宙航空研究開発機構(所在地:東京都調布市,理事長: 山川 宏)
※5 JAXA向けの仕様であり,応用展開時にはお客様の要求により仕様が異なります。

 

<参考>FROST2を応用したバイオ医薬品の輸出入想定事例


同一企業ニュース検索

最新のニュース

カテゴリ一覧

メールニュースの登録
物流ニュース(朝刊)
物流話(メールマガジン)随時配信