日本郵船/横浜市の風力発電所「ハマウィング」に協賛|通販物流代行・物流コンサルティング・社員教育のイー・ロジット

物流ニュース

日本郵船/横浜市の風力発電所「ハマウィング」に協賛

グリーン物流(環境) 2021.06.23

横浜市の風力発電所「ハマウィング」に協賛

当社横浜の4事業所全てが電力を自然エネルギーへ

当社は、横浜市が再生可能エネルギーの利用促進や地球温暖化対策の一環として取り組んでいる風力発電所(ハマウィング)に協賛します。

今後、横浜支店、日本郵船歴史博物館で利用する電力は、ハマウィングを通じて横浜市が発行する「グリーン電力証書」(注1)を受ける事で、自然エネルギーと見なされます。

当社は2018年に立ち上がった横浜市の脱炭素社会の実現に向けた活動「Zero Carbon Yokohama」(注2)に賛同しており、既に「日本郵船氷川丸」及び「横浜港大黒C-3ターミナル」においては、自然エネルギー由来の電力を利用しています。

このたび新たに横浜市の環境行動のシンボル的事業であるハマウィングに協賛することで、当社の横浜における4事業所の全てが自然エネルギーでつくられた電力を利用する事となります。

当社は今後も地元横浜市と一丸となって、環境負荷の低減に貢献します。

(注1)「グリーン電力証書」
「自然エネルギー」によって発電されたグリーン電力の環境付加価値を証書化したもの。グリーン電力証書を購入する事で、自然エネルギーを使用したと見なすことができる。

(注2)「Zero Carbon Yokohama」
横浜市では、2050 年を見据えて「今世紀後半のできるだけ早い時期における温室効果ガス実質排出ゼロ(脱炭素化)の実現」すなわち「Zero Carbon Yokohama」を、同市の温暖化対策の目指す姿(ゴール)として掲げ、持続可能な大都市モデルの実現に向けた取組を推進しています。

横浜市風力発電所(ハマウィング)概要

所在地:横浜市神奈川区鈴繁町
事業者:横浜市
稼働年月:平成19年3月
年間発電量:約210万kWh

横浜市風⼒発電所(ハマウィング)

関連プレスリリース

同一企業ニュース検索

最新のニュース

カテゴリ一覧

メールニュースの登録
物流ニュース(朝刊)
物流話(メールマガジン)随時配信