オープンロジ/ユーザーがポータル画面で入庫検品前に倉庫へ荷物が到着したことが確認できる機能を追加|通販物流代行・物流コンサルティング・社員教育のイー・ロジット

物流ニュース

オープンロジ/ユーザーがポータル画面で入庫検品前に倉庫へ荷物が到着したことが確認できる機能を追加

物流システム 2021.06.10

オープンロジ、ユーザーがポータル画面で 入庫検品前に倉庫へ荷物が到着したことが確認できる機能を追加

  株式会社オープンロジ(本社:東京都豊島区、代表取締役社長CEO:伊藤秀嗣、以下オープンロジ)は「テクノロジーを使い、サイロ化された物流をネットワーク化し、データを起点にモノの流れを革新する」をビジョンに掲げ、物流フルフィルメントプラットフォーム「オープンロジ」を提供しています。独自の倉庫管理システムを通じて提携倉庫をネットワーク化し、標準化した仕様とオペレーションにより物流業務の効率化と一元化を実現し、固定費ゼロ・従量課金で利用可能な物流フルフィルメントサービスを提供しています。
 この度、オープンロジは着荷情報を通知する機能をシステムに追加し、提携倉庫(✳︎)がWMS上で荷物の着荷登録を行うことで、ユーザーはポータル画面上で自身の荷物が倉庫に着荷したことを確認出来るようになりました。

概要

 倉庫会社において、入庫検品前に荷物が倉庫に到着したことをユーザーに連絡する「着荷連絡」は、EC物流の現場では提供されないケースも少なくありません。ユーザーは「自身の荷物が無事倉庫に到着したかどうか」を確認する場合、都度倉庫会社に問い合わせをしなければならず、ユーザーと倉庫会社、双方の業務負担となっていました。
 そこで、オープンロジは、ユーザーと提携倉庫、双方の業務負担軽減のため、着荷情報を通知する機能をシステムに追加し、提携倉庫が荷物到着後にWMS上で着荷登録することで、ユーザーはポータル画面上で自身が送った荷物の着荷が確認出来るようになりました。
 また、提携倉庫は着荷登録を行うことで、着荷した荷量や荷姿を管理できるようになるため、入庫検品作業への効率的な人員配置にも繋げるられます。
 今後もオープンロジはユーザーへのサービスレベルを向上させると共に、提携倉庫の庫内作業の効率化に貢献していきます。

✳︎一部倉庫は対象外

プレスリリースはこちらです。

■株式会社オープンロジ 会社概要

 株式会社オープンロジは「テクノロジーを使い、サイロ化された物流をネットワーク化し、データを起点にモノの流れを革新する」をビジョンに掲げ、物流フルフィルメントプラットフォーム「オープンロジ」を提供しています。独自の倉庫管理システムを通じて提携倉庫をネットワーク化し、標準化した仕様とオペレーションにより物流業務の効率化と一元化を実現し、固定費ゼロ・従量課金で利用可能な物流フルフィルメントサービスを提供しており、導入事業者は約9,500社(2021年5月末時点)となっています。
「OPENLOGIプラットフォームコネクト」は、荷主企業と倉庫事業者の間の面倒な業務のやりとりをWEBアプリケーション上で、効率化・一元化、自動化する機能を備え、主に倉庫事業者向けに提供をしています。テクノロジーによって、倉庫や配送をネットワーク化し、データとアルゴリズムによってモノの動きを最適化する、「フィジカルインターネット」の実現に向け、更なる事業拡大を進めていきます。

会社名    :株式会社オープンロジ
設立年月日  :2013年12月25日
所在地    :東京都豊島区東池袋1-34-5 いちご東池袋ビル 9階
代表者     :代表取締役社長 CEO 伊藤秀嗣
事業内容   :物流フルフィルメントプラットフォーム
URL     :https://openlogi.com

同一企業ニュース検索

最新のニュース

カテゴリ一覧