物流ニュースLogistics News

「物流ニュース」は、物流関連のニュースリリース/プレスリリースを原文のまま多くの情報をご覧いただけます。

物流ニュース

シーネット/WMS「ci.Himalayasシリーズ」とサイバーリンクス「クラウドEDI-Platform」が連携

シーネットのWMS「ci.Himalayasシリーズ」とサイバーリンクス「クラウドEDI-Platform」が連携。多様なシステム間連携への対応を実現。

株式会社シーネット(以下シーネット、本社:千葉県船橋市、代表取締役社長:内野 靖)は、倉庫管理システム「ci.Himalayasシリーズ」において、株式会社サイバーリンクス(以下サイバーリンクス、本社:和歌山県和歌山市、代表取締役社長:村上 恒夫)が提供するクラウドEDI-Platformとのシステム間連携を開始、今般一社目が稼働したことをお知らせします。
本連携により、多様な通信手順や通信手段に対応した安定したシステム間のデータ連携が可能となります。
背景
これまでシーネットでは、EDI基盤を自社構築し、ユーザーの必要とする通信手順や通信手段によっては、都度設備の増強やアプリケーションの一部を改修することによって対応を続けてきました。
特に、今般業界標準として利用が増えてきた流通BMSに関しても、一部顧客に対しては専用設備の準備や個別対応を続けていたため、システム稼働までに準備期間を要したり追加コストが発生するなどの課題がありました。また、EDIの通信に発生する通信コストはユーザー負担となるため、ユーザーにとっては毎月の経費が都度変動するといった課題もありました。

これらの課題を解決するために、流通業界の大規模なデータ交換を含む様々な通信手順や通信手段に対応した設備を既に持ち、通信コストを含んだ利用料金で提供可能なサイバーリンクスのクラウドEDI-Platformと連携しました。

【連携のメリット】
クラウドEDI-Platformは、大手流通企業の採用率が特に高いサービスです。シーネットは近年、流通企業へのシステム導入が拡大しており、今回の連携により、流通企業の持つ基幹システムとシーネットが提供するWMSの連携が、これまで以上にシームレスになると考えています。
シーネットは今後、クラウドEDI-Platformをベースとした提案を織り交ぜることで、ユーザーの設備投資の負担を軽減し、安定した継続的サービスの提供を行っていく予定です。

システム連携概要】

 

今後の展開と目標
シーネットは、NTT東西が2024年に実施を予定しているISDNサービスや公衆回線の終了によるIP電話網への完全移行(PSTNマイグレーション)への対応などを、スムーズに実施していくことが必要であると考えています。
今回の連携の実現により、レガシーシステムからの移行のリスク・投資を最小限にし、すでに弊社サービスをご提供しているお客様、並びに今後対応を行わなければならない企業様への貢献を目指していきます。

記事全文:https://www.cross-docking.com/news/cyberlinks/

【株式会社サイバーリンクスについて】
本社:和歌山県和歌山市紀三井寺 849 番地の 3
設立:1964 年 5 月
代表者:代表取締役社長 村上 恒夫
事業概要・提供サービス
・卸売業向けクラウド EDI サービス
・食品小売業向け基幹業務クラウドサービス
・棚割マネジメントシステム
・小売業向け EDI 業務支援サービス ほか
URL:https://www.cyber-l.co.jp/

クラウドEDI-Platform
企業間のデータ交換の手法であるEDI(Electronic Data Interchange)の様々な通信手順、通信手段に対応した共有型のクラウドサービスです。電子データ交換のための設備投資や通信コストの負担を、一定額の利用料形式で支払うためコスト削減につながります。

【株式会社シーネットについて】
シーネットは、1992年の創業以来、物流一筋にシステム化による業務効率化と品質向上に取り組んできた、倉庫管理システムのパイオニアです。「現場をITで気持ち良くする」を企業理念に掲げ、営業・開発・サポートまで、プロジェクトに携わる関係者全員が、それぞれの視点で物流の現場を熟知し、物流現場が抱える課題に最適解を提示しています。
2011年から9年連続でWMSパッケージ出荷金額No. 1*を達成。
現在は、物流システムサービスインテグレーションを通じ、多様な企業の物流戦略をサポートしています。
*株式会社ミック経済研究所『リモート対応&リソース拡充で差別化はかる基幹業務パッケージソ フトの市場展望2020年度版』

所在地 : 千葉県船橋市本町4丁目41番地19号
設立   : 平成4年1月10日
URL : https://www.cross-docking.com/
WMS製品ページ : https://www.cross-docking.com/service/wms-standard/