日本物流団体連合会/次期会長に池田 潤一 郎氏が就任予定|通販物流代行・物流コンサルティング・社員教育のイー・ロジット

物流ニュース

日本物流団体連合会/次期会長に池田 潤一 郎氏が就任予定

人事・組織 2021.06.01

会長の交代について

一般社団法人日本物流団体連合会の次期会長に、株式会社商船三井の代表取 締役会長で、6 月 25 日付けで(一社)日本船主協会会長に就任予定の池田 潤一 郎(いけだ じゅんいちろう)氏が就任することになりましたのでご案内申し上 げます。 本年 6 月 29 日に開催予定の令和3年度定時総会終了時に就任する予定です。

会長交代に関する渡邉健二現会長談話

令和元年 6 月に当連合会の会長に就任し、間もなく 2 年が経過しようとして おりますが、そのうち約 1 年半はコロナ禍での活動でした。 一時は会議さえ難しい時期もあり、若い世代から物流を等身大で見てもらう 活動も対面では中止や縮小を余儀なくされましたが、web を活用することで、大 学寄附講座、会員と合同でのインターンシップや業界研究セミナー等も結果と して参加者は大幅増となるなど新たな活動形態も定着しつつあります。 外国人材の就労に関し、国や各団体等と協議の場を作ったこと、また多発する 自然災害の被災地でのヒアリングで BCP 作成の手引きを刷新するなど、膝を交 えて話すことが団体運営の基本と考えてはいるものの、対面とリモートの併用 で、ウィズコロナの時代の活動も少し見えてきた感もあります。 間もなく新しい総合物流施策大綱が決定されると思われますが、策定の過程 で議論の中心となったのが物流のデジタル化と DX の推進であり、その前提とな る物流標準化をどう進めるか、というものでした。コロナで社会全体が物流の重 要性を再認識した今こそ、官民で業界を超えた連携を構築し、これを進めるチャ ンスであり、池田新体制にこれらを託したいと思っております。 種々のご支援に感謝すると共に、今後益々の協力をお願い申し上げます。

会長就任に関する池田潤一郎新会長談話

物流連第11代目の会長に就任することになりました商船三井の池田潤一郎 です。渡邉会長の後任として、これまでの物流連の活動を引き継ぎ、物流事業の 根幹をなす安全重視への意識を持って、コロナ禍に伴う社会や物流を取り巻く 環境変化を踏まえつつ、諸問題に取り組んでいきたいと考えております。 以下いくつか所信を申し述べます。 1点目は、歴代会長が一貫して取り組んでこられた「物流を等身大で見ていた だく」取組みについてです。これまで積み上げてきたノウハウや経験を基に、特 に若い世代に向けて、物流業が生活・産業の血流として重要な役割を果たしてい ることや、魅力あるやりがいのある産業であること等を、あらゆる機会をとらえ て発信してまいります。 2点目は、「社会インフラとしての物流機能の強化」を図るということです。 物流業界は、トラックドライバーや船員等の労働力不足問題の深刻化を始め多 くの課題を抱えています。新技術の活用、物流標準化や物流 DX、担い手確保・ 働き方改革などの動きを促進するような活動を充実させ、効率的で持続可能な 物流体系の実現に繋げていきたいと考えています。 3点目は、「物流分野の環境対策」の取組みに注力したいということです。物 流環境大賞やモーダルシフト優良事業者表彰等を継続して、モーダルシフトな ど物流分野のグリーン化の取組みの促進を図り、SDGs や脱炭素化の要請等を踏 まえて活動を充実させていきたいと考えています。 4点目は、「物流事業者の海外展開の支援」についてです。多くの物流事業者 が海外での活動を拡大しているなかで、各国における事業遂行の円滑化やコロ ナ禍など有事の際のサプライチェーンの強靭化が共通課題となっています。ア ジア各国に係る調査活動や国土交通省との連携を踏まえた政策提言などを続け ていきます。 上記のような取組みを行うためには、会員企業・団体など物流業界はもとより、 様々な荷主業界と連携し、国など関係先の方々との協力体制をとりながら進め ていく必要があります。 皆様方の絶大なる支援と協力をお願いし、挨拶とさせていただきます。

同一企業ニュース検索

最新のニュース

カテゴリ一覧

メールニュースの登録
物流ニュース(朝刊)
物流話(メールマガジン)随時配信