日本郵船/三菱商事と共同で低・脱炭素に取り組むスタートアップ企業の支援・育成プログラムを開始|通販物流代行・物流コンサルティング・社員教育のイー・ロジット

物流ニュース

日本郵船/三菱商事と共同で低・脱炭素に取り組むスタートアップ企業の支援・育成プログラムを開始

グリーン物流(環境) 2021.06.01

低・脱炭素に取り組むスタートアップ企業の支援・育成プログラム開始について

三菱商事株式会社
日本郵船株式会社

三菱商事株式会社(以下、「三菱商事」)と日本郵船株式会社(以下、「日本郵船」)は共同で、スタートアップ企業を世界中から発掘・支援するアクセラレーターを起用して、低・脱炭素社会の実現に資するスタートアップ企業の支援・育成プログラムを開始することをお知らせ致します。

今回起用するのは欧州最大規模のアクセラレーターの豪州拠点Startupbootcamp Australia社(スタートアップブートキャンプ オーストラリア社)であり、エネルギー分野に特化したプログラムの運営経験および支援実績が豊富です。同社とともに、低・脱炭素関連の新技術やビジネスアイディアを持つ、将来有望なスタートアップ企業の発掘を行って参ります。

三菱商事と日本郵船は、これまでも低・脱炭素の取組みを進めており、各種スタートアップ企業との協業もそれぞれ行っております。両社は、今回のプログラムを通じて、低・脱炭素関連の最新動向を効率的に把握し、各社の低・脱炭素の取組みを加速することを目指しております。また、将来的には有望な企業との協業も視野に、複数回にわたってスタートアップ企業の支援・育成プログラムを実施する予定です。

低・脱炭素化に向けた動きが世界中に拡大する中、三菱商事と日本郵船は、資源エネルギーの業界知見および事業開発ノウハウの共有を通じてスタートアップ企業の成長を支援し、これまでの枠組みに捕らわれない有望な企業を早期に発掘・支援し、持続可能な社会の実現に貢献していきます。

2021年プログラムの全体スケジュール

6月1日 スタートアップ企業の募集開始
8月2日 募集締め切り
8月中 Startupbootcamp Australia社による応募企業の初期選考・評価
9月 三菱商事・日本郵船による初期選考通過企業の評価・選定結果発表
9~12月 スタートアップ企業10社を対象にした事業化支援プログラムの開始
12月 事業化支援化プログラムの成果発表会

プログラム詳細

詳細はプログラムの案内をご参照ください。
http://startupbootcamp.com.au/decarbonize

三菱商事株式会社 概要
(創 立)1954年
(本 社)東京都千代田区丸の内二丁目3番1号
(代表者)代表取締役社長 垣内 威彦
(事業内容)天然ガス、総合素材、石油・化学ソリューション、金属資源、産業インフラ、自動車・モビリティ、食品産業、コンシューマー産業、電力ソリューション、複合都市開発の10グループ体制で、幅広い産業を事業領域として多角的なビジネスを展開
日本郵船株式会社 概要
(創 立)1885年
(本 社)東京都千代田区丸の内二丁目3番2号
(代表者)代表取締役社長 長澤 仁志
(事業内容)定期船事業、航空運送事業、物流事業からなるライナー&ロジスティクス事業に加え、不定期専用船事業、不動産業、その他の事業を国際的に展開
Startupbootcamp Australia社 概要
(創 立)2017年
(本 社)Level 2, 673 Bourke St Melbourne 3000.
(代表者)Trevor Townsend, CEO
(事業内容)スタートアップ・アクセラレータープログラムの運営、スタートアップへの投資業務を国際的に展開

同一企業ニュース検索

最新のニュース

カテゴリ一覧

メールニュースの登録
物流ニュース(朝刊)
物流話(メールマガジン)随時配信