商船三井/越境ECサイトを活用したアフリカへの中古農機輸出事業を開始|通販物流代行・物流コンサルティング・社員教育のイー・ロジット

物流ニュース

商船三井/越境ECサイトを活用したアフリカへの中古農機輸出事業を開始

通販物流 2021.04.27

越境ECサイトを活用したアフリカへの中古農機輸出事業を開始
~KiliMOL株式会社を設立~

2021年04月27日

株式会社商船三井(代表取締役社長:橋本剛、本社:東京都港区、以下「当社」)は、株式会社唐沢農機サービス(代表取締役:唐澤健之、本社:長野県東御市、以下「唐沢農機」)と業務提携し、越境ECサイト(註1)を活用したアフリカへの中古農機輸出事業(以下「本事業」)を開始します。また、事業開始にあたり、当社は当社全額出資の「KiliMOL株式会社」(代表:大山幹雄、本社:東京都港区、読み:キリモル、以下「KiliMOL」)を2021年5月に設立します。

昨年9月に唐沢農機と本事業の共同検討に関する覚書を締結し、事業化に向け検討を行ってきました。本事業の事業化に向けた第1弾として、農業が盛んで小農が多く、経済成長著しい東アフリカのケニアをターゲットとし、本年1月に唐沢農機サービスが運営する農機具流通支援サービス「ノウキナビ(註2)」から中古農機5台を調達し、当社が運航する自動車専用船「MARGUERITE ACE」にて、神戸港及び木更津港からケニア・モンバサ港へ輸送しました。本年3月にはナイロビ近郊のムエア周辺地域にて、現地の農地に日本の農機が適合するかなどの実地検証を行い、その後、現地の農家及び農機オーナー向けにデモンストレーションを実施しました。実地検証では日本の小型中古農機の有効性が確認でき、また現地の人々から日本の小型中古農機の機能に高い評価を受けました。

今後、アフリカをはじめとする開発途上国では経済発展に伴い農業の機械化が進んでいくと見込まれ、中古農機の需要も増加すると考えられます。そのような需要に対応するべく、当社はKiliMOLを設立して本事業を開始することを決定しました。

当社の高品質で安全・安心な輸送サービスと唐沢農機の全国から高品質な中古農機を調達する力を組み合わせ、開発途上国の農業生産性向上に貢献し、人口増加の続く国々での食料不足問題の解決に貢献すべく取り組んでまいります。

本事業によりECサイト事業に進出し、ロジスティクス事業領域の拡大を実現すると同時に、当社グループのアフリカ・ケニア拠点での活動を強化することで、アフリカで中古農機輸出事業に留まらないビジネス領域の拡大を目指します。

尚、本事業は、KiliMOLの代表者となる大山がMOLグループ社員提案制度「MOL Incubation Bridge(註3)」を通じて発案し実現させたものです。当社は引き続き社員一丸となり、新たな発想と切り口で社会課題の解決に貢献していきます。

木更津港にて農機がMARGUERITE ACEに積み込まれる様子
ケニアでのデモンストレーションにてトラクター3台で耕作する様子
ケニアでのデモンストレーションにてコンバインで稲刈りする様子

「KiliMOL」会社概要(予定)

会社名 KiliMOL(読み:キリモル)
所在地 東京都港区虎ノ門2-1-1
代表者 大山 幹雄
設立時期 2021年5月
事業内容 越境ECサイトを活用した農機の販売・輸送事業
株主 当社100%出資
資本金 5,000万円
ホームページ www.kilimol.net
お問い合わせ先 代表 大山 幹雄
Email:kilimol@molgroup.com
ロゴマーク

(註1) ECはelectric commerce(エレクトロニックコマース=電子商取引)の略。越境ECサイトは、インターネット上で商品を国際的に販売するWebサイトのこと。

(註2) ノウキナビとは、全国300軒超の農機具販売店が加盟し、累計取引額が12億円を超える農機具流通支援サービス。

(註3) MOL Incubation Bridgeは、当社社員が自らの能力を存分に発揮し、主体的にチャレンジできる場を提供すると共に、変化する事業環境の中で、既存の枠にとらわれない事業やサービスのアイデアの受け皿となることを目的とし、2019年9月より導入された制度です。大山(2004年当社入社)は、当該制度の1年目に応募・採用となり、昨年4月から本件を専任で検証し、事業化決定に至りました。 本件はコーポレートベンチャーキャピタル「株式会社MOL PLUS」の設立に続く、本制度を通した事業化となります。


【株式会社唐沢農機サービスについて】


農機具修理業を事業化し平成4年創業。農機具の販売・修理・再生を主要事業とする一方、ウェブサイト制作、マーケティング、コンサルティングなどを行うインターネット事業を運営。また、全国300軒超の農機具販売店が加盟し、累計取引額が12億円を超える農機具流通支援サービス「ノウキナビ」を運営。農業×ITによる先駆的農業関連ビジネスを展開している。

商号:株式会社唐沢農機サービス
代表取締役社長:唐澤 健之
本社住所:〒389-0502 長野県東御市鞍掛846-1
事業内容:新品農業機械販売・中古農業機械販売・農業機械修理・農業機械再生・コイン精米機運営・インターネット事業(WEBコンサルティング・マーケティング支援・農機流通支援サイト・ECサイト・情報メディア運営)
ウェブサイト:https://www.karasawanouki.co.jp/

同一企業ニュース検索

最新のニュース

カテゴリ一覧

メールニュースの登録
物流ニュース(朝刊)
物流話(メールマガジン)随時配信