日本ペイントホールディングス/岡山県内で自動車用塗料生産工場を新設|通販物流代行・物流コンサルティング・社員教育のイー・ロジット

物流ニュースLogistics News

「物流ニュース」は、物流関連のニュースリリース/プレスリリースを原文のまま多くの情報をご覧いただけます。

物流ニュース

日本ペイントホールディングス/岡山県内で自動車用塗料生産工場を新設

岡山県内での自動車用塗料生産工場の新設について ~ESGに配慮したスマートファクトリーに~

日本ペイントホールディングス株式会社(本社:東京都中央区、取締役会長 代表執行役 社長兼 CEO:田中正明、以下、当社)は、この度、グループ会社で自動車用塗料を手掛けている日本ペイント・オートモーティブコーティングス株式会社(本社:大阪府枚方市 以下、NPAC)の自動車用塗料生産工場(NPAC岡山工場)を岡山県勝田郡勝央町に新規に建設することを決定しました。

NPAC岡山工場の新設は、2021年3月5日に発表した日本ペイントグループ新中期経営計画(2021-2023年度)に含まれており、既存のNPAC広島工場(広島県広島市南区)の老朽化対策ならびに、中国・九州地区のお客様向けの自動車用塗料製造の主拠点として、進めるものです。新工場は、日本ペイント株式会社岡山工場内の敷地に、2021年5月から建設を開始し、2022年5月竣工、同年7月からの稼働開始を予定しております。

NPAC岡山工場においては、生産性・安全性のさらなる向上を目指し、最新の在庫管理システムや生産実行システムなどのスマートファクトリーアイテム、ならびに自動化技術の導入を計画しています。また、生産プロセスにおける省エネルギー・低炭素への対応に向けて、最新設備の導入を予定しており、ESGに配慮した工場を目指しております。

なお、現広島工場の生産機能を岡山工場に2023年7月目途に移転致しますが、技術、営業、物流等の機能は存続いたします。

NPACは自動車用塗料事業でのリーディングカンパニーとなることを目指して、新工場を通じて、お客様のニーズに沿った高品質な製品を提供し、ESG、SDGsに配慮した経営を実践してまいります。

NPAC岡山工場 工場棟完成予想図

■新工場の概要

住  所:岡山県 勝田郡勝央町 太平台33-1

敷地面積:81,600㎡

建屋面積:延べ4,700㎡

建屋概要:工場棟(鉄骨造3階建)、危険物倉庫棟(鉄骨造 平屋建)、業務棟(鉄骨造2階建)

生産品目:自動車用塗料(上塗り、水性中塗り、プラスチック用等)

投 資 額:41億円(予定)

建設予定:2021年5月着工 2022年5月竣工予定