豊田自動織機/トヨタL&F「磁気ガイド式」、「レーザーSLAM式」、「レーザーリフレクタ式」、「有人運転」の 4パターン運転を実現する日本初の自動運転フォークリフトを発売|通販物流代行・物流コンサルティング・社員教育のイー・ロジット

物流ニュース

豊田自動織機/トヨタL&F「磁気ガイド式」、「レーザーSLAM式」、「レーザーリフレクタ式」、「有人運転」の 4パターン運転を実現する日本初の自動運転フォークリフトを発売

物流関連商品 2021.04.05

トヨタL&F「磁気ガイド式」、「レーザーSLAM式」、「レーザーリフレクタ式」、「有人運転」の 4パターン運転を実現する日本初の自動運転フォークリフトを発売

~「Rinova AGF(リノバ エージーエフ)」に新機能を追加~

株式会社豊田自動織機(社長:大西 朗)トヨタL&Fカンパニーは、自動運転フォークリフト「Rinova AGF※1(リノバ エージーエフ)」に、レーザーリフレクタ誘導機能を新たに追加した自動運転フォークリフトの日本国内販売を、2021年5月より開始します。

レーザーリフレクタ式とは、作業エリアに設置された反射板の位置をレーザースキャナで検出することにより、フォークリフトが自己位置を検知しながら自律走行・稼働するシステムです。積み込みや荷下ろしなど、高度な作業精度が求められる荷役にも適しています。
今回新たな機能を追加することにより、「磁気ガイド式」、「レーザーSLAM式※2」、「レーザーリフレクタ式」の自動運転3パターンと「有人運転」の計4パターンから運転モードの選択と組み合わせが可能になる日本初※3のフォークリフトです。

近年、eコマース市場拡大に伴う物流倉庫の増加や労働力不足を背景に、物流現場の効率化・自動化が課題となっていることから、2017年12月に磁気ガイド式の新型自動運転フォークリフト「Rinova AGF」を発売しました。また、2019年6月には、賃貸型物流倉庫の増加により、床面に走行ガイドとして磁気棒を埋め込む工事が不要なガイドレスタイプの製品ニーズの高まりをうけ、「レーザーSLAM式」機能を追加しました。
このたびトヨタL&Fでは、長距離走行のガイドレス化に適したレーザーSLAM式に加え、レーザーリフレクタ式を導入することで、走行から荷役まで、床面工事不要で導入したいお客様の強いご要望にお応えしました。

開発にあたっては、各パターンに応じた誘導ロジックと周囲環境に応じた自己位置推定ロジックの円滑な切り替えを達成することで、運転モード変更時もシームレスな走行を実現しました。従来の磁気ガイド式機能も備えており、1台で、倉庫の形態や作業に応じて運転パターンを選択し、幅広いシーンでお客様にご活用いただけます。

本製品は、2021年4月6日(火)にリニューアルオープンするトヨタL&Fカスタマーズセンター東京でも展示しており、稼働する様子を実際にご覧いただけます。
これからもトヨタL&Fカンパニーは、あらゆるお客さまから信頼いただける物流パートナーとして、最適な物流ソリューションをご提案してまいります。

※1 Automated Guided Forklift(自動運転フォークリフト)の略
※2 Simultaneous Localization and Mapping(自己位置推定と環境地図作成を同時に行う技術)の略
※3 当社調べ

製品基本情報

定格重量価格
1.0t~3.0tまで6種類 オープン

レーザーリフレクタ式 Rinova AGF写真

同一企業ニュース検索

最新のニュース

カテゴリ一覧

メールニュースの登録
物流ニュース(朝刊)
物流話(メールマガジン)随時配信