商船三井/ Lakler S.A.が保有する固定資産(船舶)の減損損失約 58 億円を特別損失として計上|通販物流代行・物流コンサルティング・社員教育のイー・ロジット

物流ニュースLogistics News

「物流ニュース」は、物流関連のニュースリリース/プレスリリースを原文のまま多くの情報をご覧いただけます。

物流ニュース

商船三井/ Lakler S.A.が保有する固定資産(船舶)の減損損失約 58 億円を特別損失として計上

特別損失(個別)の計上に関するお知らせ

当社は、本日開催の取締役会において、2021 年3月期(2020 年 4 月 1 日~2021 年 3 月 31 日)の個別 決算で下記1.記載の特別損失を計上することを決議しましたので、お知らせ致します。

1.個別決算における特別損失(関係会社株式評価損)の計上

Lakler S.A.(当社 100%出資ウルグアイ籍法人)が保有する固定資産(船舶)について、今後投入す るプロジェクトに備え、来年度に当社 100%出資の香港籍子会社に移すことを予定しております。その影 響により、当社の保有する Lakler S.A.の株式について、株式価値が著しく低下するため、減損処理を 実施し、関係会社株式評価損として、当社個別決算にて約 114 億円の特別損失を計上する予定です。

2.当社連結業績への影響

上記 2021 年3月期の当社個別決算の関係会社評価損は連結決算において消去されます。連結決算上 では Lakler S.A.が保有する固定資産(船舶)の減損損失約 58 億円を特別損失として計上する予定です。

以 上