SBSホールディングス/「日本物流未来ファンド」で創友に対する投資を実行|通販物流代行・物流コンサルティング・社員教育のイー・ロジット

物流ニュースLogistics News

「物流ニュース」は、物流関連のニュースリリース/プレスリリースを原文のまま多くの情報をご覧いただけます。

物流ニュース

SBSホールディングス/「日本物流未来ファンド」で創友に対する投資を実行

「日本物流未来ファンド」 株式会社創友に対する投資実行について

SBSホールディングス株式会社(社長:鎌田正彦、本社:東京都墨田区)が株式会社日 本政策投資銀行(以下「DBJ」)と共同設立した「日本物流未来ファンド(日本物流未来投 資事業有限責任組合)において、株式会社創友(社長:岸正美、所在地:千葉県柏市、以下 「同社」)への投資を本日付で実行しましたので、お知らせ致します。なお、今回の投資は、 昨年 11 月に発表した本ファンドによる第一号案件に続く、第二号案件となります。

同社は、年間売上高3億円規模の冷凍・チルド食品を中心とした一般貨物自動車運送事業 者であり、50 年に近い業歴の中で既存得意先様との長年の取引実績を有しています。 日本物流未来ファンドは、物流業界における後継者不足問題等の解決の促進および地域物 流配送網の維持を目的としており、本件は同社の事業承継ニーズと、SBSグループの配送 網拡充戦略が合致したことから合意に至りました。 同社は今後、営業網の拡充、収支・財務の改善、コンプライアンス体制の整備等、DBJ とSBSグループのノウハウを活用したバリューアップ施策により競争力強化を図ります。 また、一定期間が経過した後はファンドを退出し、SBSグループに加入する予定です。 日本物流未来ファンドは、当社および投資先企業のシナジー効果を追求することで、SB Sグループとしての配送網強化を推進するとともに、地域社会にとって不可欠な配送網の維 持拡充を図ってまいります。今後も地域で活躍する企業への投資を推進していく考えです。

(略)

以下、詳細は下記アドレスを参照ください。

PDF記事のダウンロードはこちら