⼤成有楽不動産/物流事業に参入、初の物流施設「LOGIMINAL 厚⽊」来年3月完成|通販物流代行・物流コンサルティング・社員教育のイー・ロジット

物流ニュースLogistics News

「物流ニュース」は、物流関連のニュースリリース/プレスリリースを原文のまま多くの情報をご覧いただけます。

物流ニュース

⼤成有楽不動産/物流事業に参入、初の物流施設「LOGIMINAL 厚⽊」来年3月完成

⼤成有楽不動産 物流事業に参⼊

初の物流施設「LOGIMINAL 厚⽊」

⼤成有楽不動産株式会社(本社︓東京都中央区、代表取締役社⻑︓浜中裕之)は当社初の物流事業として「LOGIMINAL 厚⽊(ロジミナル厚⽊)」(神奈川県 厚⽊市)を 2020 年 5 ⽉に着⼯しておりますので、お知らせいたします。
本物件は圏央道「相模原愛川 IC」から約2km、「圏央厚⽊ IC」から約4km。国道 129 号線(厚相バイパス)からほど近い神奈川県内陸⼯業団地に隣接する、交通利便性が⾼い⽴地に位置します。⼀棟貸しのシングルテナント物流施設として当社が開発・保有し、現在リーシング活動中です。
昨今、Eコマースの拡⼤といった社会環境の変化は著しく、物流施設のニーズは拡⼤を続けています。
当社が⼿掛けるシングルテナントの物流施設は、⼩規模ながら物流利便性の⾼い⽴地で開発を進めており、テナント特有のニーズ(荷種・セキュリティ・テナント⼯事等)を取り込むことが可能です。マルチテナント型の⼤規模物流施設が主流の中、当社はシングルテナントの⼩規模物流施設を中⼼に開発を⾏い、差別化を⽬指します。「LOGIMINAL 厚⽊」に続き、今後 2 物件の開発を予定しております。
今までデベロッパーとして培ってきたノウハウを最⼤限に活かし、「良質な物流施設の供給」という社会的要請に応えてまいります。

(略)

<コンセプト> 「未来をつなぐ ゛MIDPOINT "」 物流施設を゛未来へつながる施設"と捉え、変化するビジネス環境に対応し、テナ ント顧客の成⻑とともに⻑く安⼼して利⽤いただける゛MIDPOINT(中間点)"とな る物流施設を⽬指しています。

<ネーミング> 『LOGIMINAL(ロジミナル)』という施設名は、⽇々合理化が進む物流システム 「Logistics」と、⼈や物が繋がる物流ネットワークの結節点「Terminal」を融 合したネーミングです。

(略)

3.物件概要

所 在 地 ︓ 神奈川県厚⽊市上依知 1221(予定)

交 通 ︓ 圏央道「相模原愛川 IC」より約 2.3km

JR 相模線「原当⿇」駅より約 3.6km

神奈川中央交通バス「団地⼊⼝」バス停より徒歩 2 分

敷 地 ⾯ 積 ︓ 2,702.71 ㎡(817.56 坪)

延 床 ⾯ 積 ︓ 5,611.08 ㎡(1,697.35 坪)

構 造 ・ 規 模 ︓ 鉄⾻造 地上 4 階建

竣 ⼯ ⽇ ︓ 2021 年 3 ⽉予定

設 計 ・ 施 ⼯ ︓ ⼤末建設株式会社