Wave Technology/AR活用による高精度位置測位技術提供サービスを開始|通販物流代行・物流コンサルティング・社員教育のイー・ロジット

物流ニュースLogistics News

「物流ニュース」は、物流関連のニュースリリース/プレスリリースを原文のまま多くの情報をご覧いただけます。

物流ニュース

Wave Technology/AR活用による高精度位置測位技術提供サービスを開始

AR(Augmented Reality:拡張現実)活用による高精度位置測位技術提供サービスを開始

屋内搬送車や特殊車両の自動走行に高精度位置測位技術で貢献

株式会社Wave Technology(所在地:兵庫県川西市、代表者:石川 高英)は、屋内搬送機や特殊車両などの高精度位置測位をAR技術活用によって可能にする「高精度位置測位技術提供サービス」を2020年10月から開始します。
このサービスは、当社のサービスブランド『テクノシェルパ(Techno Sherpa)』として提供するもので、脱炭素物流の実現や人手不足に伴う自動化といった社会的課題に対し、高精度位置測位技術を提供すると共にシステム導入までをコンサルティングすることで貢献させていただくものです。
 株式会社Wave Technologyは位置測位技術の中で自律航法※1に注目し、自律航法の課題である位置情報の累積誤差を画像処理技術の一つであるAR技術を活用することによって補正する新しい方式を開発しました。本方式によってGPSが受信できない屋内倉庫などの環境下でも高精度、且つシステム導入しやすい位置測位システムを提供することが可能となります。
(*1 自立航法:絶対位置を定義したポイントからの移動距離と方位を車速パルスやジャイロセンサで検出した位置を特定する技術)
 

高精度位置測位デモ機高精度位置測位デモ機

 

AR位置補正の概要AR位置補正の概要

 

サインポストに設けるマーカサインポストに設けるマーカ


マーカは一辺30 cm程度の大きさで、マット仕上げであればプラ板などに印刷したものを準備するだけでよく、電源不要、メンテナンスフリー、柱などへの貼り付けが可能といった特徴があります。

デモ機による実証実験の様子デモ機による実証実験の様子

 

 

デモ機による実証実験では位置測位精度2 cmを確認しました。

弊社のAR技術を活用した高精度位置測位技術は、屋内倉庫などでも移動体の高精度位置測位を可能とします。また、これまでシステム導入で課題であったサインポスト側の整備についても、マーカを準備するだけで済むことからシステム導入のハードルを大きく下げることができると考えております。