GLP/SEA ロジスティック・パートナーズ(SLP)と合弁事業を設立|通販物流代行・物流コンサルティング・社員教育のイー・ロジット

物流ニュースLogistics News

「物流ニュース」は、物流関連のニュースリリース/プレスリリースを原文のまま多くの情報をご覧いただけます。

物流ニュース

GLP/SEA ロジスティック・パートナーズ(SLP)と合弁事業を設立

GLP、SEA ロジスティック・パートナーズ(SLP)と合弁事業を設立
SLPはベトナムでの先進的物流施設開発に向け33.5万㎡の用地取得を発表

当該合弁事業はベトナム国内二大市場であるハノイ、ホーチミンおよび周辺エリアに注力、これによりGLPは東南アジアへ初進出

2020-10-16

【シンガポール/ホーチミン、2020年10月15日】

SEAロジスティック・パートナーズ(以下「SLP」)およびGLPは本日、ベトナムにおいて先進的な物流不動産に投資、開発を行うための新しい合弁事業("本JV")の設立を発表しました。本JVではまず、国内二大市場であるハノイ、ホーチミンおよびその周辺エリアに注力します。このパートナーシップによりSLPは、GLPのファンドマネジメント、物流施設の開発・運営に関する専門知識とリソース、そしてGLPの広範でグローバルな顧客ネットワークを活用できるようになります。

SLPはまた、竣工時の賃貸可能面積が計21万㎡となる3つの先進的物流施設の開発向けに、約33.5万㎡の用地をハノイおよびホーチミンエリアで取得したことを発表しました。SLP パーク・バクザンおよびSLPパーク・バクニンの2つの開発をベトナム北部で行います。SLPパーク・バクザンの賃貸可能面積8万㎡のうち約50%については、JUSDAおよびGLPの既存顧客への賃貸が決まっています。JUSDAは、元々フォックスコン・グループ(鴻海科技集団)の物流部門の中心であり、製造業界で最も専門的なサプライチェーン物流テクノロジーのサービス・プラットフォームです。3つ目のSLPパーク・ロンハウは、ロンアン省のロンハウという戦略的な立地で、ホーチミン市とメコンデルタ地域の12省を結ぶホーチミン圏に属しています。

SLPは、物流・配送拠点として優れた立地である二大地域での開発に注力するとともに、ベトナム国内における事業の成長目標に向けて物流施設を戦略的に取得していきます。

GLPの共同創業者で最高経営責任者のミン・メイは、「ベトナムは人口動態、経済成長、そして国内消費を支える中間層を考えると、東南アジアで最も魅力的な市場の1つです。 GLPが新たな市場に参入する際には、成長性と大規模展開の可否の2つが重要な要素となります。ベトナムと中国、インド、日本の物流事業には類似点があり、これらの市場での経験から得た専門知識や知見を活用し、ベトナムでも強固で持続可能なビジネスを創出できると自負しております」と述べています。

SLPの創業パートナーでGLP中国の前社長であるケント・ヤンは、「人口がまもなく1億人に達すると予想されるベトナムは、市場規模が大きく、中間層も増えています。 ベトナム人の多くはデジタルデバイスを活用した消費者であり、1日あたり約7時間インターネットを利用しています。これらの要因と傾向により、オンラインショッピングは大部分の国民にとって利用しやすいものになっており、より効率的で先進的な物流施設への需要が高まっています」と述べています。

同じくSLPの創業パートナーであるチー・チュンは、「若く優秀な労働力、戦略的立地、投資に対する支援策を有するベトナムは、グローバルサプライチェーンおよび製造業の更なる多様化から恩恵を受けるでしょう。国内外の企業のオペレーションをサポートする物流インフラへの需要は高まっていくと考えられます」と述べています。

GLPは戦略的パートナーシップを構築することでビジネス機会やシナジー効果を創出し、中核事業である物流不動産ビジネスのグローバルな拡大を図っています。過去数年間にわたり、物流不動産、ポートフォリオ、あるいは事業そのものを取得し、また他のプレイヤーとパートナーシップを結ぶことにより、グローバルでの総延床面積を6,400万㎡に拡大しました。現在ではブラジル、中国、ヨーロッパ、インド、日本、米国、ベトナムの16か国で事業を展開しています。

本資料は、GLP Pte. Ltd.が10月15日(現地時間)に発表したプレスリリースを日本語に翻訳・編集したものです。本資料の正式言語は英語であり、その内容および解釈については英語が優先します。
https://www.glp.com/global/global_news をご参照ください。