センスウェイ/ユカイ工学、CO-NECTと業務連携し在庫量を自動で管理するIoT重量センサーを共同開発|通販物流代行・物流コンサルティング・社員教育のイー・ロジット

物流ニュースLogistics News

「物流ニュース」は、物流関連のニュースリリース/プレスリリースを原文のまま多くの情報をご覧いただけます。

物流ニュース

センスウェイ/ユカイ工学、CO-NECTと業務連携し在庫量を自動で管理するIoT重量センサーを共同開発

センスウェイ、ユカイ工学、CO-NECTと業務連携、在庫量を自動で管理するIoT重量センサーを共同開発

~LoRaWAN対応センサーと連携した受発注サービスを推進~

IoT通信サービスを提供するセンスウェイ株式会社(東京都中央区、代表取締役社長:神保 雄三 以下「センスウェイ」)は、ロボット・IoTプロダクトを企画開発するユカイ工学株式会社(東京都新宿区、代表:青木 俊介 以下「ユカイ工学」)、BtoB受発注システムを提供しているCO-NECT株式会社(東京都品川区、代表取締役:⽥⼝ 雄介)と業務連携し、LPWAのLoRaWANに対応したIoT重量センサーを開発しました。在庫量の管理をセンサーで常に把握し、自動で発注できる自動発注サービスと連携することで企業の在庫管理・発注業務の効率化を実現します。
  • 業務連携の背景
新型コロナウィルスの影響もあり、国内EC(電子商取引)の流通量は増加、物流も小口化、多頻度化が進みモノの管理は細かさを増しています。メーカー・卸売業をはじめ、飲食店や介護施設・医療施設なども、様々な備品や材料を管理する必要があり、在庫チェック・発注業務は日々工数をとられる業務の一つとなっています。そのうえ、人手不足のなか人の手や紙によるアナログな作業も多く、迅速な在庫管理と発注業務を行えていない課題があります。
  • IoT重量センサーと受発注システムとの連携
今回、ユカイ工学の開発した重量センサー・静電センサー、アプリケーションは、センスウェイの提供する長距離通信・低消費電力なLoRaWAN通信に対応しています。備品や資材などの日々の使用量を常時把握できるため、適正な在庫量や発注時期を管理することができます。また、センサーは長距離通信により、複数の店舗や倉庫の在庫データを収集し一元管理できます。
 
加えて、FAXや電話といった従来のアナログな受発注業務を、デジタルに置き換えられる受発注システム「CO-NECT」を提供するCO-NECT株式会社とも連携し、「在庫量をチェックして仕入れ先に発注する」業務を自動化し、企業の業務効率化を実現します。
 

 

 

 
  • 想定活用例

・飲食店
食材の在庫量を重量センサー、静電センサーで管理し、規定量を下回った食材を通知、受発注システムと連携し自動発注。閉店後の在庫チェック、発注業務を削減し、管理業務の効率化と人件費削減に貢献します。

 

・介護施設
介護用品の在庫量を重量センサーで管理し、規定量を下回った備品のみ自動発注。人手不足な介護施設において職員の業務負担を削減します。


 

・卸売業
製品の在庫情報をセンサーで検知し、管理することで、発注ミスを削減し適正な在庫量を実現できます。


 
  • 今後の展望とセミナー開催について
まずは複数業種への実証実験を進め、年内のサービス提供開始を目指します。
また、今回の発表に合わせて、在庫管理の効率化に関心のあるユーザー様向けにセミナーを開催します。サービスや機器の詳細、各社サービスの特徴などをご紹介します。


タイトル:IoTで実現するフルオートメーション発注
日程:2020年11月17日(火)15:00~16:30
登壇者:センスウェイ株式会社、ユカイ工学株式会社、CO-NECT株式会社
詳細・お申込み:http://media.conct.jp/event/automatic_ordering1117/ 



[センスウェイ株式会社について]
センスウェイはIoTに必要な通信である長距離・低消費電力のLPWAのLoRaWANを使ったIoT通信サービス「SenseWay Mission Connect」を提供しています。IoTのラストワンマイルを構築し、便利で快適な社会を創造していきます。
https://www.senseway.net


[ユカイ工学株式会社について]
ユカイ工学は、「ロボティクスで、世界をユカイに。」を掲げ、様々な製品を開発・販売するロボティクスベンチャーです。自社製品の製造、販売ノウハウを元に、お客様のご要望に合わせて、ハードウェアの設計・製造、ソフトウェアやアプリ開発、センサーや部品の調達を迅速、柔軟に対応する体制を整えています。
https://www.ux-xu.com/


[CO-NECT株式会社について]
CO-NECT株式会社(旧社名ハイドアウトクラブ)は、「やさしいテクノロジーで社会をアップデートする」をミッションに、ユーザーのITリテラシーの高低に左右されず使えるBtoB受発注システム「CO-NECT」を運営しています。また、日本最大級のBAR &ウイスキーコミュニティアプリ「HIDEOUT CLUB」も運営しています。
https://conct.jp/