川崎汽船/JERA、豊田通商、日本郵船との共同出資会社、中部地区で Ship to Ship 方式による LNG 燃料供給に従事|通販物流代行・物流コンサルティング・社員教育のイー・ロジット

物流ニュースLogistics News

「物流ニュース」は、物流関連のニュースリリース/プレスリリースを原文のまま多くの情報をご覧いただけます。

物流ニュース

川崎汽船/JERA、豊田通商、日本郵船との共同出資会社、中部地区で Ship to Ship 方式による LNG 燃料供給に従事

中部地区で Ship to Ship 方式による LNG 燃料供給に従事~

川崎汽船株式会社(以下「川崎汽船」)、株式会社 JERA(以下「JERA」)、豊田通商株式会社 (以下「豊田通商」)、日本郵船株式会社(以下「日本郵船」)(以下「4 社」)は、共同で出資 する合弁会社、セントラル LNG シッピング株式会社およびセントラル LNG マリンフューエ ル株式会社を通じて、中部地区における LNG 燃料供給事業を推進しております。9 月 16 日 に、セントラル LNG シッピング株式会社が発注し、川崎重工業株式会社坂出工場(香川県)に おいて建造中の、船舶向けの液化天然ガス(以下「LNG」)燃料を供給するための船舶(以下 「LNG バンカリング船」)の命名式が執り行われましたのでお知らせします。 式典は、トヨタ自動車株式会社(本社:愛知県豊田市、代表取締役社長:豊田 章男)の朝 倉 正司 生産本部長、国土交通省の加藤 雅啓 大臣官房技術参事官をはじめとする来賓の 方々をお迎えし、執り行われました。同船は川崎汽船の明珍 幸一 代表取締役社長、日本郵 船の長澤 仁志 代表取締役社長により、「かぐや」と命名され、JERA の中村 直 常務執行役 員、豊田通商の日髙 俊郎 機械・エネルギー・プラントプロジェクト本部 CEO による支綱切 断が行われました。 船名の「かぐや」は日本最古の物語といわれ、今なお多くの方に愛されている『竹取物語』 に由来しております。また、LNG バンカリング市場を「竹」のように長く高く成長させると いう思いも込められています。 「かぐや」は、国内で稼動する初めての LNG バンカリング船になります。セントラル LNG マリンフューエル株式会社が運航を担い、JERA の川越火力発電所を拠点とし、中部地区に おいて Ship to Ship 方式(注 1)による船舶向け LNG 燃料(注 2)供給事業を本年 10 月以 降開始する予定です。 IMO(国際海事機関)は、2050 年までに国際海運の温室効果ガス(GHG)排出量を 2008 年 対比で半減させる目標を設定しており、今後 LNG を主燃料とした船舶の竣工が見込まれて います。「かぐや」は事業開始後、日本郵船の自動車専用船「SAKURA LEADER」と、川崎汽船 が本年度中に竣工予定の自動車専用船をはじめとした LNG 燃料船への LNG 供給を予定して います。 4 社は、川崎汽船の長期にわたる LNG 船運航により蓄積された技術力、JERA の大規模基 地における運営・技術力、豊田通商の船舶燃料のグローバルな販売ネットワーク、日本郵船 の世界初の LNG 燃料供給・販売事業への参画経験といった、各社のノウハウや強みを結集し て、中部地区における安定した LNG 燃料供給体制を整えるとともに、販売サービスを拡充 し、船舶燃料の LNG 化を促進し環境負荷の低減に貢献します。

<本船概要>

LNG 積載容量 :3,500 ㎥

総トン数 :4,044 トン

全 長 :81.7 メートル

全 幅 :18.0 メートル

造船所 :川崎重工業株式会社 坂出工場