Yper/置き配バッグOKIPPA、ユーザーの声に応え、置き配盗難補償「盗難サポート」の補償額上限を引き上げ |通販物流代行・物流コンサルティング・社員教育のイー・ロジット

物流ニュースLogistics News

「物流ニュース」は、物流関連のニュースリリース/プレスリリースを原文のまま多くの情報をご覧いただけます。

物流ニュース

Yper/置き配バッグOKIPPA、ユーザーの声に応え、置き配盗難補償「盗難サポート」の補償額上限を引き上げ

置き配バッグOKIPPA、ユーザーの声に応え、置き配盗難補償「盗難サポート」の補償額上限を引き上げ ~発売2周年を迎え、OKIPPAで排出抑制したCO2量相当の限定色バッグ200個プレゼント ~

Yper株式会社(本社:東京都渋⾕区、代表取締役 内⼭ 智晴、ヨミ:イーパー、以下Yper)が提供する置き配専用バッグ『OKIPPA(オキッパ)』 の発売から丸2年が経過し、累計販売数は16万個となります。(*1 )
 この度Yperは、現在の「置き配」に対する高い注目度とその盗難リスクへの問題意識への対応として、現在無料提供している置き配の盗難を補償する「盗難サポート」の補償額上限を、サービス開始当初の3,000円から5,000円に引き上げます。
「盗難サポート」 https://www.okippa.life/compensation/

ユーザーの声を反映し、盗難補償サービスを拡充
Yperは2周年を前にした8月、製品改善と新機能検討を主な目的として、OKIPPA利用者約600人にアンケートを実施しました。そこで「盗難サポート」補償金額上限の増額を希望する声を多く受け取ったことに加え、7月の盗難サポート開始以降OKIPPA利用での盗難が発生していないことを鑑み、補償制度を充実させました。これにより、宅配利用者はより安心してOKIPPAでの置き配を開始、継続ができるようになりました。

また同時にYperは、OKIPPA利用者がこれまで再配達削減を通じた環境負荷削減にどれだけ貢献したかを可視化し、その貢献に対して感謝を表すために2つの施策を開始します。

同社が2020年2月に大阪府八尾市と共同で実施した実証実験では、OKIPPA利用による置き配の浸透によって、再配達率が7割以上削減できました。(*2)
このようにOKIPPAを利用すれば確実に再配達を削減できることがわかっていますが、実際には、「置き配をすると再配達率削減につながり、CO2排出が抑制されることを、OKIPPAを使うまで知らなかった。」という八尾市の実験参加者のご意見を複数いただきました。

YperはOKIPPA利用者が、自分たちの再配達削減への貢献内容を認識し、その選択に満足しながら利用を続けられるよう、まず以下の施策を実施します。
(施策ページ:https://www.okippa.life/blog/20200916/8338/
 

【2周年感謝施策1】
「CO2排出抑制ありがとう」限定色OKIPPAバッグを200名にプレゼント

OKIPPA利用者がこれまで排出抑制した二酸化炭素(CO2)総量相当分の非売品OKIPPAバッグをプレゼントします。
2019年8月~2020年7月の1年間(Yper社の会計年度基準)に全国のOKIPPA利用によって再配達を回避し、トラックからの排出を抑制したCO2量は約100トンとなり、これは杉の木約1万2,260本が1年間に吸収するCO2量に相当します。(*3) 
(100トンの2年分で200名様に限定色バッグをプレゼント)


限定色OKIPPAバッグ プレゼント概要
合計200名様に抽選でプレゼント
(カーキ色/無地100個、ネイビー色/無地100個・付属品込みの一式)※色は選べません
対象:全てのOKIPPAアプリ利用者
受付:OKIPPAアプリ内のリンクより  
〆切:2020年10月15日(木) 

【2周年感謝施策2】
OKIPPAで排出抑制したCO2量相当のバッグを毎月還元

今後、1ヶ月間にOKIPPA利用者が排出抑制したCO2量と再配達率を毎月公表し、排出抑制したCO2量相当分のOKIPPAバッグをプレゼントすることで、毎月利用者に還元します。

また今回Yperは、「再配達問題解決」の先に「持続可能性のある循環型経済社会の実現」を見据えた新しい事業指針を策定しました。具体的には、不要になったり破損したりしたOKIPPAバッグを回収・再生しOKIPPA製品付属品として再利用したり、再生素材でOKIPPAバッグを製造するなどの施策を事業指針にそって順次実施する予定です。

Yper代表取締役 内山智晴コメント
Yperは再配達問題という社会課題の解決を目指してOKIPPAを開発しました。2020年9月でOKIPPA事業が3年目を迎え、全利用者の皆さま、および、協業・協力いただいいている各社、OKIPPAを採用いただく自治体の皆さまに改めて深く感謝いたします。

当社だけでは到底成し遂げることができない社会問題解決に向けて少しずつ進んでいることに、改めてOKIPPAの可能性を感じております。今後もOKIPPA利用者の皆さまがより安心して、よりストレスのない形でOKIPPAを利用いただけるようサービス向上に努力すると共に、多岐にわたる分野の企業との協業をスピード感をもって推進し、より包括的なアプローチで再配達問題の解決に邁進いたします。


【参考】
置き配による、再配達削減を通じた環境負荷削減効果

「置き配」は、2020年3月に「置き配指定サービス」がAmazon社の配送方法の初期設定となり(*4) 、新型コロナ感染対策、またテレワーク時の利便性による荷物の非対面受取りニーズに後押しされ、普及が進んでいます。Yperでは、より幅広い層の宅配利用者にOKIPPAによる再配達削減効果が実証されていること、また再配達削減によるCO2排出抑制が環境負荷削減に繋がることを理解してもらうことで、置き配の継続的な利用、習慣化を促進し、再配達問題という物流・環境・労働の3側面に影響を及ぼす社会課題を少しでも早く解決することを目指します。

伸び続けるEC利用に伴う再配達率の推移
インターネット通販(EC)利用は、2019年度特に物販分野でさらなる伸びをみせ、堅調な個人間EC市場の成長も影響し、さらに増加の一途を辿っています(*5) 。2020年春の新型コロナウイルス感染症拡大を受けた同年4月の緊急事態宣言に伴う高い自宅滞在率(*6)  や、非対面やソーシャルディスタンスの確保をベースとする新しい生活習慣の定着も進み、EC利用を減退させる要因はありません。
一方の宅配荷物の再配達率は、2018年9月のOKIPPA販売開始時の約16%以降、徐々に低下し、2020年4月には6.4%にまで下がっていました(*7) 。しかし4月を境に再配達率は上昇に転じ、8月時点で約9%まで増加しました。現状のまま年末のEC繁忙期を迎えると、高い確率で再配達率は再び10%以上に増加するとYperは予測しています。(*7)         
          
(*1)     10月中の配布・設置分を含む。
(*2)     Yper株式会社 大阪府八尾市での実証実験に関するプレスリリース
     (2020年3月)大阪府八尾市と実施した実証実験で再配達7割削減に成功 

     https://www.yper.co.jp/20200326/1027/
     (2020年5月)宅配バッグOKIPPA 95%の配送員が「普及してほしい」と回答

     https://www.yper.co.jp/20200520/1088/
(*3)     CO2排出抑制量は国土交通省
    「宅配の再配達の削減に向けた受取方法の多様化の促進等に関する検討会報告書」を基に算出

     https://www.mlit.go.jp/common/001106397.pdf
算出方程式: X個 x 0.58kg/個 x 25% x 1t x 808/1000000
杉の木が1年間に吸収するCO2量は、林野庁HPを参考に算出
    大阪府八尾市でのOKIPPAを用いた再配達防止実証実験報告書 
(*4)    Amazon社プレスリリース
     https://amazon-press.jp/Top-Navi/RSS/Presse-release/amazon/jp/Ops/200323_unattended-delivery/
(*5)     経済産業省「電子商取引に関する市場調査」2020年7月22日
     https://www.meti.go.jp/press/2020/07/20200722003/20200722003.html
(*6)     Zenly SAS社「日本の都道府県別の自宅滞在率ランキング」2020年5月27日
     https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000005.000055302.html
(*7)     Yper株式会社 OKIPPA専用アプリで予測。宅配便再配達率推移に関するプレスリリース
     https://www.yper.co.jp/20200721/1148/
(参考)     国土交通省 「 宅配便再配達実態調査」 2020年6月26日
     https://www.mlit.go.jp/report/press/tokatsu01_hh_000513.html

■置き配バッグ™ OKIPPAについて

OKIPPAは煩雑な再配達受け取りを不要にする吊り下げ式簡易宅配ボックスです。不在中だけでなく在宅時でも、非対面で荷物の受け取りが可能です。

玄関ドアノブに簡単に取り付けができ、設置工事は不要。使用時以外は手のひらサイズに折りたたんでおけるため、常設していても玄関の場所を取りません。ECのヘビーユーザーや、宅配ボックスがない住居にお住まいの方などに好評をいただき、2018年9月の販売開始から、すでに全国15万世帯以上で利用いただいています。(2020年9月時点)

盗難や個人情報漏洩対策として、2種の鍵(ドアノブ専用ロックと、シリンダー式南京錠の内鍵)構造を採用。連携可能なアプリでは、盗難補償保険に加入できるだけでなく(*) OKIPPA荷物通知を受け取ることができ、いつでもどこにいても荷物の受け取りと到着確認が可能になります。

    (*)  東京海上日動と共同開発した専用の盗難補償「置き配保険™」
サービス詳細:https://www.okippa.life/insurance/

■ OKIPPAアプリ(iOS/Android)
配送会社9社の配送状況表示に対応。OKIPPAに荷物が配送されると、配送完了通知が届きます。

アカウント情報やメールをアプリと連携させると、Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピング、ユニクロなどの通販サイトで購入した商品情報を自動で取得し、配送状況をいつでもすぐに確認することができます。

iOS:https://itunes.apple.com/jp/app/%E8%8D%B7%E7%89%A9%E7%AE%A1%E7%90%86nr/id1334541155?mt=8

Android:  https://play.google.com/store/apps/details?id=com.nr_yper

■ 置き配バッグ™ OKIPPA 製品概要
世界3大デザイン賞受賞のエコバッグ「Shupatto」を開発した生活雑貨メーカー株式会社マーナと共同開発。

品名:OKIPPA(バッグ・専用ロック・内鍵、
          専用バンド、取扱説明書他7点セット)
カラー:全1色(ネイビー) 
通常販売価格:3,980円(税・送料込)
材質:本体/ポリエステル(撥水加工)
耐荷重:13kg
サイズ:バッグ使用時/約70×66cm(容量57L)、
            折りたたみ時/約13×13cm(厚さ5cm)

■ 会社概要
商号:Yper株式会社
設立:2017年8月3日
本社住所:〒150-0036 東京都渋谷区南平台町13-15 
代表者:代表取締役 内山智晴
OKIPPA製品公式サイト:https://www.okippa.life/
Yper企業サイト:https://www.yper.co.jp/

Yper採用ページ:https://www.okippa.life/recruit/