ENEOS/ゼロスペックとIoT技術の活用による灯油配送最適化事業に関するパートナー契約を締結|通販物流代行・物流コンサルティング・社員教育のイー・ロジット

物流ニュースLogistics News

「物流ニュース」は、物流関連のニュースリリース/プレスリリースを原文のまま多くの情報をご覧いただけます。

物流ニュース

ENEOS/ゼロスペックとIoT技術の活用による灯油配送最適化事業に関するパートナー契約を締結

IoT技術の活用による灯油配送最適化事業に関するパートナー契約締結について

ENEOS株式会社(社長:大田 勝幸、以下「ENEOS」)とゼロスペック株式会社 (社長:多田 満朗、以下「ゼロスペック」)は、IoT技術(スマートセンサー※1およびモ ニタリングシステム※2)を活用した灯油配送最適化事業に関し本日パートナー契約を締結し ましたので、お知らせいたします。 当事業は、ゼロスペックが開発したIoTスマートセンサーをお客様の灯油ホームタンク に設置し、タンク内の在庫情報を取得します。在庫情報をモニタリングすることで、最適な 配送タイミングを把握し、効率的な配送を可能とします。2018年度から北海道および東 北エリアで実証実験を実施し、配送にかかる走行距離や時間の削減効果などの有用性を確認 いたしました。最適な配送の実現により、お客様にタイムリーに灯油をお届けするとともに、 灯油配送事業者が直面している人手不足および配送経費の削減といった課題の解決が期待さ れます。 今回のパートナーシップ契約締結による協業を機に、2020年度下期より北海道および 東北エリアのENEOS系列特約店へ展開し、将来的には、展開エリアの順次拡大やAⅠ分 析による最適配送計画の自動策定、さらには、その他の油種への転用や取得情報の需要予測 などへの有効活用を目指します。 両社は、デジタル技術を活用することで、灯油供給ネットワークの維持を図り、エネルギ ーの安定供給および地域社会の発展へ貢献してまいります。

※1 ホームタンクの蓋と一体型で、タンク内の液面レベルを検知し、無線で在庫量データをクラ ウド環境に蓄積する。センサー本体および通信にかかるコストの低減、電池の長時間持続等に 強みがある。(特許取得済み)

※2 クラウド環境に蓄積された在庫量、対応の緊急性などの制約条件に基づき、最適な配送タイミ ングを把握できるソフトウェア。

(略)

以下、詳細は下記アドレスを参照ください。

https://www.eneos.co.jp/newsrelease/20200629_01_2006437.pdf