souco/ホワイトペーパー vol.4「新型コロナウィルスの拡大がサプライチェーンおよびロジスティクス分野のイノベーションに及ぼす影響」を公開|通販物流代行・物流コンサルティング・社員教育のイー・ロジット

物流ニュースLogistics News

「物流ニュース」は、物流関連のニュースリリース/プレスリリースを原文のまま多くの情報をご覧いただけます。

物流ニュース

souco/ホワイトペーパー vol.4「新型コロナウィルスの拡大がサプライチェーンおよびロジスティクス分野のイノベーションに及ぼす影響」を公開

souco、ホワイトペーパー vol.4「新型コロナウィルスの拡大がサプライチェーンおよびロジスティクス分野のイノベーションに及ぼす影響」を公開

倉庫のシェアリングサービス『souco』(以下souco)を運営する物流ベンチャーの株式会社souco(本社:東京都千代田区、代表取締役:中原久根人、以下souco社)は、ホワイトペーパーとして、「新型コロナウィルスの拡大がサプライチェーンおよびロジスティクス分野のイノベーションに及ぼす影響」を公開しました。
 


新型コロナウィルス(COVID-19)のパンデミックはこの数カ月間、産業界、社会、個人に甚大な影響を及ぼしてきました。サプライチェーンおよびロジスティクス業界も例外ではありません。
しかし、世界の物流企業の中には、今回の危機によって深刻なダメージを被る一方で、イノベーションのペースと技術的ソリューションの採用を加速させることにより、目の前のニーズに対応し、長期的な構造変革を進め、「新しい生活様式(ニューノーマル)」 に向けた取り組みを進める企業が存在しています。
本ホワイトペーパーでは、海外のフィジカルインターネットへの取り組みを中心にまとめて紹介します。

ホワイトペーパーは、メールアドレス等簡単なご登録で、どなたでもダウンロードいただけます。

ダウンロードサイトURL :
https://corporate.souco.space/library/#whitepaper


■souco について
souco社は、物流施設・倉庫の空きスペースを抱える企業と、スペースを必要とする企業の情報を集約したマッチングプラットフォームをサービス展開するスタートアップ企業です。soucoでは、短期間での賃貸借契約によるスペース利用と寄託契約による荷役作業込みの利用に対応しています。
物流施設・倉庫を保有する企業にとって、閑散期における余剰スペースの有効活用や、繁忙期に短期で利用可能なスペースの追加確保が課題となっております。また物流施設・倉庫を利用する企業においても、季節波動等による短期で利用可能なスペースの追加確保は課題となっています。そして、このような倉庫の空きスペースの貸し借りにおいては、物流事業者間の情報交換に頼らざるを得ないケースが多いことも、物流業界の共通課題となっているのが現状です。
souco社は、物流施設の空きスペースの情報を登録・検索することが出来、千坪以下の小ロットかつ、1ヶ月といった短期での利用機会を創出するマッチングプラットフォームのサービスsoucoを提供することで、スペースを抱える企業とスペースを必要とする企業の課題解決を目指しています。

■会社概要
□会社名 株式会社 souco
□所在地 東京都千代田区麹町1−4−4--2F                                   
□代表者 代表取締役 中原 久根人
□設立 2016年7月
□資本金 469,717 千円 資本準備金含む
□URL  https://souco.space