日本郵船/来週以降の就労体制を公表|通販物流代行・物流コンサルティング・社員教育のイー・ロジット

物流ニュースLogistics News

「物流ニュース」は、物流関連のニュースリリース/プレスリリースを原文のまま多くの情報をご覧いただけます。

物流ニュース

日本郵船/来週以降の就労体制を公表

新型コロナウイルスに対する当社対応について(4)

当社は来週以降の就労体制を以下の通りとすることを決定しました。


対象者:日本郵船本店、支店勤務者

期間: 2020年5月25日(月)から6月14日(日)まで ※状況に応じて変更の可能性あり

勤務体制:(1)政府による緊急事態宣言対象区域に立地する事業所:本店(東京)、横浜支店
        宣言継続中:現行の原則在宅勤務を継続
        宣言が解除:翌日から下記の「新勤務体制」へ移行

     (2)政府による緊急事態宣言解除区域に立地する事業所:名古屋支店、関西支店、九州支店
        5月25日(月)より下記の「新勤務体制」へ移行

新勤務体制:以下要領で最大週5日の在宅勤務を可能とします

  •       ● 出社が求められる業務、出社して対応する事が望ましい業務についてのみ出社の上業務を行います。
          ● 感染拡大防止の観点から、出社率20%以下を目安と致します。
          ● 通勤に当たっては、時差出勤を活用します

社外関係者との打ち合わせ:当社社員がお客様を訪問する場合、お客様にご来社いただく場合の双方において、案件の重要性・必要性をもとに是非を判断致します。

社内関係者との打ち合わせ:オンラインツールを活用し、大勢での打ち合わせは避けるようにいたします。

上記社内外での面談の際にはマスクを着用し、参加者と一定距離を保ち、短時間で終了するように努めます。             


出張:海外は原則禁止、国内においても不急の出張は控えます。

当社グループは引き続き社内外への感染拡大防⽌と社員の安全確保を最優先に、船舶の安全運航を継続し、生活を支えるエネルギー、資源、その他物資の安定輸送に従事してまいります。
お取引先および関係者の皆様にはご不便をお掛け致しますが、何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。