飯野海運/中期経営計画 を 策定|通販物流代行・物流コンサルティング・社員教育のイー・ロジット

物流ニュースLogistics News

「物流ニュース」は、物流関連のニュースリリース/プレスリリースを原文のまま多くの情報をご覧いただけます。

物流ニュース

飯野海運/中期経営計画 を 策定

中期経営計画 「Be Unique and Innovative. : The Next Stage‐2030 年に向けて‐」 策定のお知らせ

当社グループはこの度、2030 年に向けたグループ企業の一層の成長を見据え、3 ヵ年の中期経営計 画 「Be Unique and Innovative. : The Next Stage‐2030 年に向けて‐」(計画期間:2020 年 4 月~2023 年 3 月、以下「本計画」という) を策定しました。 2017 年 4 月に策定した前中期経営計画「Be Unique and Innovative. ‐創立 125 周年(2024 年)に向 けて‐」 (計画期間:2017 年 4 月~2020 年 3 月、以下「前計画」という) では、「バランス経営の推進と先 進性への挑戦」をテーマとし、海運業では、オイルタンカーでの競争力強化や内航ガスビジネスでの優位 性確保に努め、また不動産業では、ターゲットエリア内への資産集約の一環として新橋田村町地区再開 発事業を推進するとともに、英国ロンドンのオフィスビルを取得する等、次世代ビジネスへの取組みも加速 化させ、海運業と不動産業を両輪とした経営の進化に注力しました。 本計画では、時代の要請に応え自由な発想で進化し続ける独立系グローバル企業としての地位確立を 2030 年に向けての目標に掲げます。そして本計画期間中においては、前計画の方針を踏襲し、独自のビ ジネスモデルである"IINO MODEL"の形成、高品質なサービス"IINO QUALITY"の提供を更に追求し、自 社の経済的価値を高めると同時に、サステナビリティ※1 への積極的な取組みにより環境保全を含めた社 会的ニーズに対応することで社会的価値をも創造し、当社グループの理解する共通価値の創造(CSV)※2 を目指して参りたいと考えております。 本計画において、当社グループは、増大する三国間輸送需要の取込みに向け、グローバルな事業展 開の拡大を更に加速させます。また、変化の著しい社会環境及び海運市場への対応として、不動産事業 及びエネルギー輸送への取組みを更に強化し、安定収益基盤の更なる盤石化を図ります。これら施策に 加え、共通価値の創造を目指して社会的価値を創造するべく、サステナビリティへの取組みを加速します。 更に、環境・社会を意識した経営を進めるべく ESG・SDGs への対応を強化し、デジタル基盤を整備し新 たな価値を創造すべくデジタルトランスフォーメーションの推進も加速させます。

※1 当社グループではサステナビリティ(持続可能性)を次の通り定義します。 「地球上の生態系が存続可能な環境の維持と人類社会の発展を両立させ将来世代に繋げること」

※2 共通価値の創造(CSV=Creating Shared Value)の定義は次の通りです。 「経済的価値を創造しながら社会的ニーズに対応することで社会的価値も創造するアプローチ」

引用: Porter, Michael E., and Mark R. Kramer. "Creating Shared Value." Harvard Business Review また、本計画策定にあわせ、次頁の通り「企業理念体系」を再整理しましたのでお知らせします。

(略)

以下、詳細は下記アドレスを参照ください。

2020年05月15日適時開示中期経営計画「Be Unique and Innovative. : The Next Stage‐2030 年に向けて‐」策定のお知らせ