川崎汽船/2020年秋から中部地区でShip to Ship方式によるLNG燃料供給を開始|通販物流代行・物流コンサルティング・社員教育のイー・ロジット

物流ニュースLogistics News

「物流ニュース」は、物流関連のニュースリリース/プレスリリースを原文のまま多くの情報をご覧いただけます。

物流ニュース

川崎汽船/2020年秋から中部地区でShip to Ship方式によるLNG燃料供給を開始

日本初のLNGバンカリング船が進水

~2020年秋から中部地区でShip to Ship方式によるLNG燃料供給を開始~

川崎汽船株式会社、株式会社JERA、豊田通商株式会社、日本郵船株式会社(以下「4社」)は、セントラルLNGシッピング株式会社およびセントラルLNGマリンフューエル株式会社を通じて、中部地区におけるLNG燃料供給事業を推進しております。このたび、セントラルLNGシッピング株式会社が発注し、川崎重工業株式会社の坂出工場(香川県)において建造中の、船舶向けの液化天然ガス(以下「LNG」)燃料を供給するための船舶(以下「LNGバンカリング船」)が進水いたしましたのでお知らせします。

本船は今後、エンジンをはじめとした各種機器を搭載する工程を経て、2020年9月末に国内で稼動する初めてのLNGバンカリング船として竣工する予定です。営業開始後は、株式会社JERAの川越火力発電所を拠点とし、中部地区においてShip to Ship方式による船舶向けLNG燃料の供給事業に従事します。

4社は引き続き、各社のノウハウと強みを活用して、中部地区におけるLNG燃料供給体制を整えるとともに、船舶燃料のLNG化を促進することで、環境負荷の低減に貢献してまいります。

■本船概要

・LNG積載容量:3,500m3

・総トン数:4,100トン

・全長:81.7メートル

・全幅:18.0メートル

・竣工時期:2020年秋

・造船所:川崎重工業株式会社 坂出工場