三菱ふそうトラック・バス/子会社の三菱ふそうバス製造の男性従業員1名が新型コロナウイルスに感染|通販物流代行・物流コンサルティング・社員教育のイー・ロジット

物流ニュースLogistics News

「物流ニュース」は、物流関連のニュースリリース/プレスリリースを原文のまま多くの情報をご覧いただけます。

物流ニュース

三菱ふそうトラック・バス/子会社の三菱ふそうバス製造の男性従業員1名が新型コロナウイルスに感染

当社子会社での新型コロナウィルス感染者発生について

2020年5月1日

4月30日、当社子会社である三菱ふそうバス製造株式会社(富山県富山市、以下MFBM)に事務職として従事する40代の男性従業員が新型コロナウィルスに感染していることが判明しました。

当従業員は、別居家族の新型コロナウィルス感染判明を受け4月13日より経過観察のため2週間の在宅勤務を行っていました。28日に発熱したため、29日に医療機関を受診しPCR検査を受けたところ、30日に陽性であることが確認されました。
在宅勤務明けである28日に事務所に短時間出社していたため、保健所からMFBM内にて1名の濃厚接触者の特定が行われ、濃厚接触者に対しては最終接触日から14日間の自宅待機を命じています。また、共同施設の消毒を実施致しました。自家用車で通勤していたため、公共交通機関の利用はありません。

当社は引き続き、新型コロナウィルスのさらなる感染拡大防止の政府方針に全面的に協力し、子会社を含む従業員の健康と安全を最優先に、あらゆる予防措置を講じていきます。