日本アクセス/川崎扇町物流センターに勤務する従業員1名が新型コロナウイルスに感染|通販物流代行・物流コンサルティング・社員教育のイー・ロジット

物流ニュースLogistics News

「物流ニュース」は、物流関連のニュースリリース/プレスリリースを原文のまま多くの情報をご覧いただけます。

物流ニュース

日本アクセス/川崎扇町物流センターに勤務する従業員1名が新型コロナウイルスに感染

当社における新型コロナウイルス感染者について

当社の川崎扇町物流センター(神奈川県川崎市)に勤務している従業員1名(以下、当該従業 員)が、新型コロナウイルス感染症の陽性であることが確認されましたので、現時点で判明し ている情報を下記のとおりお知らせいたします。

体調不良の報告を受けていた当該従業員について、自宅待機にて経過観察を続けておりまし たが、症状が改善されませんでした。 これに伴いまして、医療機関および保健所の指示によりPCR検査を実施、4月22日20時過ぎ に結果が判明し、「陽性」と確認されました。 当該従業員につきましては、マスクの着用やその他感染予防策を徹底していたことに加え、 4月15日より勤務を行っておらず、検査を実施するまでの自宅待機期間中、1日3回の検温を実 施し、いずれも発熱はありませんでした。 当該従業員の行動履歴を追跡し、濃厚接触者は3名と特定され、自宅待機を継続しております。 当該センターにつきましては、4月21日および4月22日に消毒作業を実施いたしました。 また、当該従業員は事務所内での電算業務に従事していることに加え、保健所の確認を得た 上で物流センター業務は継続運営しております。 当社では感染予防策として、手洗い・うがい・アルコール消毒・咳エチケットの徹底、ドア ノブや手すり・照明スイッチ等の人がよく触れる場所のこまめな消毒、社内外におけるマス クの着用、時差出勤、在宅勤務、テレビ会議システムの活用、こまめな換気、日々の検温な どを行っています。今後は、特に事務所内でのソーシャルスペースの確保や飛沫感染防止策 について、更に強化を進めてまいります。 なお、厚生労働省のホームページによると、2020年4月1日現在、食品(生で喫食する野菜・ 果実や鮮魚介類を含む。)を介して新型コロナウイルス感染症に感染したとされる事例は報 告されていません。製造、流通、調理、販売等の各段階で、食品取扱者の体調管理やこまめ な手洗い等衛生管理が実施されていれば、食品を介した感染を心配する必要はないとされて おります。 お客様と従業員の安全を最優先に考え、引き続き保健所と連絡を取り、感染拡大防止に向け 適切に対応してまいります。