福山通運/福山市内の小学校へ児童用不織布マスクを寄贈|通販物流代行・物流コンサルティング・社員教育のイー・ロジット

物流ニュースLogistics News

「物流ニュース」は、物流関連のニュースリリース/プレスリリースを原文のまま多くの情報をご覧いただけます。

物流ニュース

福山通運/福山市内の小学校へ児童用不織布マスクを寄贈

「福山市内の小学校へ児童用不織布マスク」の寄贈について

福山通運株式会社(本社:広島県福山市、代表取締役社長:小丸成洋)及び公益財団法人 渋谷育英会(理事長:小丸成洋、以下、渋谷育英会)は、4 月 24 日、福山市役所において 新型コロナウィルス感染症対策として健康管理に役立ててもらうため、福山市内の小学校 78 校、約 26,000 名の児童全員に児童用不織布マスク 30 万枚を寄贈しました。マスクは、 当社子会社を通して、上海のメーカーに児童用マスクを発注したものです。 寄贈式では、当社社長の小丸成洋が児童用不織布マスク寄贈の目録を福山市長 枝広直幹 様へ手渡しました。枝広市長様からは、感謝状と力強い支援に対し謝辞をいただきました。 渋谷育英会は、子どもたちの教育支援を支援するために当社の創業者故 渋谷昇名誉会長 が 1985 年 6 月に設立しました。以来高校生、大学生への奨学金の貸与事業をはじめ、 教育機関や文化振興を行う地域団体及び青少年の健全育成活動を行う団体や不登校児童・ 生徒の問題に取り組み、支援をしております。また、2013 年から毎年、福山市を中心に 近隣の小中学生を招待して NHK 交響楽団による演奏会を開催し、豊かな感性を育む支援 を行っております。