日野自動車/BYDと商用EV開発を中心とする戦略的パートナーシップ契約を締結|通販物流代行・物流コンサルティング・社員教育のイー・ロジット

物流ニュースLogistics News

「物流ニュース」は、物流関連のニュースリリース/プレスリリースを原文のまま多くの情報をご覧いただけます。

物流ニュース

日野自動車/BYDと商用EV開発を中心とする戦略的パートナーシップ契約を締結

BYDと日野、商用EV開発を中心とする戦略的パートナーシップ契約を締結

経営

2020年4月23日

比亜迪股份有限公司
日野自動車株式会社

 比亜迪股份有限公司(以下、BYD)と日野自動車株式会社(以下、日野)は、本日、商用EV開発における協業を中心とする戦略的パートナーシップ契約を締結しました。

 今後、両社は協業を通じて商用EVの開発を加速し、お客様のニーズに最適な商品をタイムリーに市場導入していくことを目指します。まずは個別のEV製品の開発から協業を始め、さらには両社の知見を活用して、EVの普及促進に向けて販売面や周辺事業においても協力していく計画です。

 このたびの契約締結にあたり、BYD副総裁兼商用車部門CEOの王杰は、「BYDと日野は、電動商用車の技術革新およびグローバルでの普及促進に取り組んでいます。中国と日本の企業が協力することにより、先端技術と確かな実績を活かして商用EVを開発し、グローバル規模の普及促進をさらに加速してまいります」と語りました。

 日野の取締役・専務役員の中根健人は、「お客様にとって、実用性・経済性においても本当に価値のある商用EVの実現を目指し、ともに取り組んでいけることをうれしく思います。BYDEV開発の実績と、日野の長年のハイブリッド車開発で培ってきた電動化技術と信頼性を融合させ、お客様に最適な製品をスピード感をもってマーケットに展開してまいります」と語りました。

 BYDは、1995年にバッテリーの研究開発および製造会社として設立しました。バッテリーやモーター、半導体デバイス、電子制御などのEVの中核技術に強みがあり、乗用車や商用車、フォークリフト、バッテリーを含むトータルエネルギーソリューションを提供しています。
 BYD Commercial Vehicleは、バスからトラックまでの幅広いEV製品のラインアップをもつ世界をリードするブランドです。2011年に深センで電気バス「BYD K9」が営業運行を開始して以来、BYDの電気バスは50を超える国・地域の300以上の都市で導入されています。累計販売台数は5万台以上1を数え、電気バスの販売においては世界トップを誇ります。
※1 全長10m超

 日野は1942年の設立から、トラック・バスの提供を通じて、お客様と社会の発展とともに成長してまいりました。1991年に世界初の市販ハイブリッド車となる大型路線バスを発売して以来、約30年にわたり絶え間なく電動車の技術革新を進め、小型電気バスや中型プラグインハイブリッドバスも実用化しています。最新の第6世代ハイブリッドシステムを搭載した大型トラックは、ディーゼル車と同等の使い勝手を確保しつつ燃費は約15%もの向上を実現しました2。環境性能と実用性を高い次元で両立した商品で、お客様のビジネスに貢献しています。
※2:ディーゼル車比、日野測定値

 BYDと日野は、低炭素社会の実現に向けて、お客様に最適な商用EVの開発と普及を目指しともに取り組んでまいります。

以上


SDGs(持続可能な開発目標)達成への貢献】
日野では、自由に安全に効率的に、人と物が移動する「豊かで住みよい持続可能な社会」の実現を目指し、お客様・社会への価値提供として①日野車による「交通死亡事故ゼロ」、②「CO₂排出量の大幅削減」、③「お客様ビジネスの発展支援」、④「人流・物流の更なる効率化」の4つに取り組んでいます。

本件は、②「CO₂排出量の大幅削減」について、同じ志を持つパートナーとともに取り組むことにより、SDGsの以下の目標達成に貢献します。

安心・安全で、環境にやさしく、人と物が、自由に最適に移動できる社会の実現
交通死亡事故ゼロ、CO₂排出量の大幅削減、人流物流のさらなる効率化によって、「豊かで住みよい持続可能な社会」実現を目指します。


同じ志を持った仲間づくり(あらゆる力を結集した社会課題解決)
日野グループだけにとどまらず、同じ志を持つ企業とパートナーになり、社会課題解決に取り組みます。


(参考)
SDGsと日野の戦略・取組み(PDF)
安心・安全で、環境にやさしく、人と物が、自由に最適に移動できる社会の実現(PDF)
同じ志を持った仲間づくり(PDF)