日本郵船/日本郵船本店、支店勤務者で最大週5日の在宅勤務実施を決定(新型コロナウイルスへの対応)|通販物流代行・物流コンサルティング・社員教育のイー・ロジット

物流ニュースLogistics News

「物流ニュース」は、物流関連のニュースリリース/プレスリリースを原文のまま多くの情報をご覧いただけます。

物流ニュース

日本郵船/日本郵船本店、支店勤務者で最大週5日の在宅勤務実施を決定(新型コロナウイルスへの対応)

新型コロナウイルスに対する当社対応について

当社は新型コロナウイルスの感染拡大防止と勤務する従業員の安全確保の観点から、最大週5日の在宅勤務実施を決定しました。

<新たな就労体制>
対象者:日本郵船本店、支店勤務者
期間:2020年3月27日(金)から4月17日(金)※状況に応じて変更の可能性あり
勤務体制:現行の「週3日を限度とした在宅勤務」を変更し、最大週5日の在宅勤務を実施。

在宅勤務に際し、以下を徹底します。

●感染予防と体調管理に努める
●オンラインツールの活用により円滑な社内コミュニケーションを維持する
●出勤する日は、混雑する時間帯を避けて時差出勤をする

当社グループは引き続き社内外への感染拡大防⽌と社員の安全確保を最優先に、政府方針に沿って適切に対応してまいります。お取引先および関係者の皆様にはご不便をお掛け致しますが、何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。