近鉄エクスプレス/自社利用の基幹業務システムの一部機能を廃棄し新システム再構築で44億2600万円の減損損失を計上|通販物流代行・物流コンサルティング・社員教育のイー・ロジット

物流ニュースLogistics News

「物流ニュース」は、物流関連のニュースリリース/プレスリリースを原文のまま多くの情報をご覧いただけます。

物流ニュース

近鉄エクスプレス/自社利用の基幹業務システムの一部機能を廃棄し新システム再構築で44億2600万円の減損損失を計上

減損損失(特別損失)の計上及び通期業績予想の修正に関するお知らせ

当社は、2020 年3月期第4四半期連結累計期間(2019 年4月1日~2020 年3月 31 日)におい て、減損損失(特別損失)を計上する見込みとなり、下記のとおり通期連結業績予想を修正しまし たので、お知らせいたします。

1.減損損失の内容

当社の連結子会社 APL Logistics Ltd は、自社利用の基幹業務システムについて、今後の継続 使用の実効性を慎重に検討した結果、同システムの一部機能を廃棄し、新システムとして再構築 することを決定したため、当第4四半期連結累計期間においてソフトウェアの減損損失(特別損 失)4,426 百万円を計上する見込みとなりました。

(略)

以下、詳細は下記アドレスを参照ください。

減損損失(特別損失)の計上及び通期業績予想の修正に関するお知らせ