ユーピーアール/「スマートパレット」利用による「ホワイト物流」を推進|通販物流代行・物流コンサルティング・社員教育のイー・ロジット

物流ニュースLogistics News

「物流ニュース」は、物流関連のニュースリリース/プレスリリースを原文のまま多くの情報をご覧いただけます。

物流ニュース

ユーピーアール/「スマートパレット」利用による「ホワイト物流」を推進

「スマートパレット®」利用による「ホワイト物流」推進について

ユーピーアール株式会社(本社:東京都千代田区、社長:酒田義矢、以下「UPR」)は、 東レ株式会社(本社:東京都中央区、社長:日覺昭廣、以下「東レ」)にアクティブタグを搭 載した「スマートパレット®」を業界で初めて提供して、2020 年 1 月から国内における樹脂 製品のパレット輸送を拡充しました。

1.「スマートパレット®」とは

UPR とNTTが共同開発した電波が最大 300m 飛ぶ最先端技術のアクティブタグを搭 載したパレットです。電波を正確にキャッチする高性能の専用リーダー(受信機)との組み 合わせにより、パレットの場所が把握できると共に製品の入出庫管理がリアルタイムで可 能となる画期的な仕組みです。アクティブタグは、電池交換無しで 10 年間使用できます。

2.「スマートパレット®」の導入メリット

人手不足が社会的な問題になり、省人化が求められていますが、パレット化でトラック ドライバーによる手荷役を大幅に解消し、フォークリフトによるトラックへの積み卸しにより、 荷役時間も削減できます。また、専用リーダーとの併用により、人手による棚卸しをするこ と無く、自動的に、出荷元別にパレット枚数を常時把握する事が可能です。出荷元での パレット枚数情報、出荷情報、客先からのパレット回収情報を組み合わせて、パレット枚 数を把握する事が可能となり、パレット紛失リスクを大幅に低減できます。東レは 1 回当た りの出荷数量が 1t 以上の紙袋梱包での出荷については、原則「スマートパレット®」を利 用して輸送します。 また、「スマートパレット®」はプラスチック製のため、従来の木製パレットで発生していた 出釘による破袋事故や木片・虫・カビなどの異物混入リスクの大幅な低減も期待できます。 ※「スマートパレット@」は UPR の登録商標です。

東レ株式会社

設 立 1926 年 1 月

代表者 代表取締役社長 日覺 昭廣

所在地 〒103-8666 東京都中央区日本橋室町 2-1-1 日本橋三井タワー

ユーピーアール株式会社

設 立 1979 年 3 月

代表者 代表取締役社長 酒田 義矢

所在地 東京本社 〒100-0011 東京都千代田区内幸町 1-3-2 内幸町東急ビル 12F

宇部本社 〒755-0032 山口県宇部市寿町 3-5-26