SBSリコーロジスティクス/「(仮称)横浜金沢物流センター」を起工|通販物流代行・物流コンサルティング・社員教育のイー・ロジット

物流ニュースLogistics News

「物流ニュース」は、物流関連のニュースリリース/プレスリリースを原文のまま多くの情報をご覧いただけます。

物流ニュース

SBSリコーロジスティクス/「(仮称)横浜金沢物流センター」を起工

「(仮称)横浜金沢物流センター」の起工式を行いました

-SBSリコーロジスティクスと、大規模3PLの共同運営が決定-

SBSロジコム株式会社(社長:鎌田正彦、本社:東京都墨田区)は、1月 29 日、横浜 市金沢区幸浦の敷地にて「(仮称)横浜金沢物流センター(以下、横浜金沢物流センター、 敷地面積 8,050 坪、延床面積 16,281 坪)の起工式を行いましたのでお知らせいたします。

当社は、高品質かつ安定した物流サービスを実現するため 物流施設の自社開発を手掛けております。これまでに埼玉 県、千葉県、神奈川県、大阪府にて 12 棟、合計延床面積約 8.9 万坪の物流施設を開発し、その大部分が自社3PL拠点 として満床稼働しております。 横浜金沢物流センター新築工事は、36 年にわたり重量物輸 送や3PL運営を手掛けてきた当社主要拠点である横浜金沢 支店の物流施設3棟のうち2棟を解体し、同敷地に新築する ものです。解体工事は 2019 年7月から開始し、本年1月に完 了しました。 本物流センターの建設は、SBSリコーロジスティクスが受託 しているお客様の物量伸張に伴う物流ネットワーク拡大と需要に 応じるもので、同社と当社が初めて共同運営する大型3PLプロ ジェクトです。SBSロジコムの多品種小ロットアイテムをさば く現場運営ノウハウや、SBSリコーロジスティクスの最先端の LT(Logistics Technology)技術とシステム設計など、両社の 強みを融合した高次元の3PLサービスの実現をめざします。 昨今、EC市場の急拡大に伴い、 首都圏における大型物流施設の空床 率が2%を下回るなど、過去に例を 見ないほど物流施設の需給がひっ迫しています。当社およびS BSグループでは、独自の土地仕入れ・建築ノウハウを生かし た物流施設開発を積極的に手掛け、高品質な3PL運営ととも に、物流課題を根幹から解決する高機能な物流施設をご提供す ることで、お客様の物流戦略を支えてまいります。

(仮)横浜金沢物流センター 概要

建 設 地 神奈川県横浜市金沢区幸浦1-3-3

交 通

金沢シーサイドライン「鳥浜」駅より徒歩約5分

首都高速湾岸線「幸浦」ICより 2.3 ㎞

敷 地 面 積 26,612.32 ㎡(8,050.23 坪)

延 床 面 積 53,821.69 ㎡(16,281.06 坪)

構 造 規 模 RCS造(柱:RC、梁:S)、地上4階・塔屋1階

竣 工 2021 年7月(予定)

設計施工・監修 株式会社今川建築設計事務所

設 計 施 工 東急建設株式会社