三井不動産/三井不動産ロジスティクスパーク船橋・&GATEに物流ICT体験型ショールーム「MFLP ICT LABO 2.0」が2月13日にオープン|通販物流代行・物流コンサルティング・社員教育のイー・ロジット

物流ニュースLogistics News

「物流ニュース」は、物流関連のニュースリリース/プレスリリースを原文のまま多くの情報をご覧いただけます。

物流ニュース

三井不動産/三井不動産ロジスティクスパーク船橋・&GATEに物流ICT体験型ショールーム「MFLP ICT LABO 2.0」が2月13日にオープン

三井不動産ロジスティクスパーク船橋・&GATEに物流ICT体験型ショールーム「MFLP ICT LABO 2.0」が2月13日にオープン

業界初(※)入荷から出荷まで全ての物流業務フローを自動化した「フルオートメーション物流モデル」を展示

○本リリースのポイント

●業界初「フルオートメーション物流モデル」を展示した体験型ショールーム「MFLP ICT LABO 2.0」がオープン

●日本での常設展示は初めてとなる搬送ロボットなど約30種類の最新物流ICT関連機器を展示

●人手不足など物流業界の課題に対して「MFLP ICT LABO 2.0」を活用したソリューション提案を強化

三井不動産株式会社(所在:東京都中央区 代表取締役社長 菰田正信)は、今般、2017年9月に開設した「MFLP ICT LABO」(約130m2)を拡大移転し、約10倍の面積を有する「MFLP ICT LABO 2.0」をMFLP 船橋・&GATE内にオープンいたします。トラックコンテナの商品が搬出されるところから積載されるまで"人の手を一切介さない"「フルオートメーション物流モデル」を展示する物流ICT体験型ショールームは、業界初(※)の施設となります。

また、本施設では「フルオートメーション物流モデル」のほか、国内外から約30種類の最先端の物流ICT機器を揃えており、当社施設の入居企業様および入居検討企業様に最新の物流ICT機器を実際に体験していただくことが可能です。

人手不足等が深刻な課題となっている物流業界において、当社は「MFLP ICT LABO 2.0」を活用し、倉庫内物流の自動化・省人化ソリューションを提供するとともに、入居企業様および入居検討企業様の課題解決に取り組んでまいります。

 ※物流施設を開発運営するデベロッパーがICTに特化した体験型ショールームを設置することは、初の取り組みになります。

(略)

以下、詳細は下記アドレスを参照ください。

三井不動産ロジスティクスパーク船橋・&GATEに
物流ICT体験型ショールーム「MFLP ICT LABO 2.0」が2月13日にオープン
業界初 入荷から出荷まで全ての物流業務フローを自動化した「フルオートメーション物流モデル」を展示(PDF:566KB)