伊勢湾海運/経常利益は前年比16・9%減(2020年3月期 第3四半期決算短信〔日本基準〕(連結))|通販物流代行・物流コンサルティング・社員教育のイー・ロジット

物流ニュースLogistics News

「物流ニュース」は、物流関連のニュースリリース/プレスリリースを原文のまま多くの情報をご覧いただけます。

物流ニュース

伊勢湾海運/経常利益は前年比16・9%減(2020年3月期 第3四半期決算短信〔日本基準〕(連結))

2020年3月期  第3四半期決算短信〔日本基準〕(連結)
単位・百万円  

            売上高    営業利益   経常利益   四半期純利益

2020年3月期第3四半期 36,428 △5.1  1,909 △24.1  2,323 △16.9  1,477 △24.3

2019年3月期第3四半期 38,387 11.0   2,514 59.0  2,795 39.3    1,951 60.6

(注)包括利益 2020年3月期第3四半期 1,555百万円(10.1%) 2019年3月期第3四半期 1,413百万円(△25.5%)

(略)

(1)経営成績に関する説明

当第3四半期連結累計期間におけるわが国の経済は、雇用情勢や所得環境の改善などを背景に全体としては緩や かな回復基調で推移しましたが、米中貿易摩擦の長期化や中国経済の景気減速などにより、先行きは不透明な状況 となっております。 名古屋港における物流業界の輸出入貨物におきましても、不安定な中国経済等の影響により、減少傾向となりま した。 このような状況のなか、当社グループにおきましては、輸出鉄鋼製品を始めとした取扱貨物量全般が伸び悩んだ ことにより、当第3四半期連結累計期間の売上高は364億28百万円(前年同期比5.1%減)となりました。 利益面におきましては、営業利益は19億9百万円(同24.1%減)、経常利益は23億23百万円(同16.9%減)、親会 社株主に帰属する四半期純利益は14億77百万円(同24.3%減)となりました。

(略)