日本貨物鉄道/C&C活動の取組みを公表|通販物流代行・物流コンサルティング・社員教育のイー・ロジット

物流ニュースLogistics News

「物流ニュース」は、物流関連のニュースリリース/プレスリリースを原文のまま多くの情報をご覧いただけます。

物流ニュース

日本貨物鉄道/C&C活動の取組みを公表

C&C活動の取組みについて

当社では、これまで様々な業務改善活動を行ってきましたが、「JR貨物グループ中期 経営計画2023」のスタートに伴い、それらの活動を一体的に見直し、新たに「C&C 活動 ~Challenge & Change~」(略称:「C&C活動)」)として推 進しています。この度、その活動の成果発表の場として、本社、各支社およびJR貨物グ ループ各社から選抜された15件の内容を発表する「第1回C&C活動全社発表会」を開 催することとしましたのでお知らせいたします。 当社は今後とも、外部環境に対応し、現場にある様々なアイデアを実現することに挑戦 (チャレンジ)し、事業を変革(チェンジ)し、企業としての持続的な発展を目指してま いります。

1.C&C活動発足の経緯

従来、当社では、社員が自ら工夫して業務改善に取り組む活動として「小集団活動」「業 務研究」「提案制度」の 3 つを進め、それぞれ目的に応じた活動を行うことで業務改善を 行うとともに、これらに参加した社員は改善手法を身につけ能力を向上してきました。一 方で経営改革の推進のために 2016 年 10 月より「業務創造推進プロジェクト」を全社的に 始め、業務の抜本的見直しなどの議論が進み、様々な具体的取組みが進んでいます。さら に、2019 年 4 月に新しいブランドメッセージ「Challenge & Change 挑戦、そして変革」 を制定し、新しいことに挑戦し変革を目指すこととしましたが、これら 3 つの活動を発展 させ、その新しい名称を社員からの名称募集を経て「C&C 活動」としたものです。

2.C&C活動の目的

従来の「小集団活動」と「業務研究」を一本化し、さらに、「提案制度」も同一の発表 会の中で C&C 活動として発表する形に変更し、以下を目的として活動します。

(1)改善活動を通じてより多くの社員が問題解決や課題にチャレンジする能力を養い、 社員の成長と会社の発展に資するように参加率を高めること。

(2)業務創造推進プロジェクトの考え方を、現場主導型でボトムアップによる改善活動 にも取り入れ、また同プロジェクトと連動させることにより、社員全員参加型の業務 改革へのチャレンジにより、会社の進むべき方向への改善活動を促進すること。

3.C&C活動のスケジュール

・ 2019 年 8 月 新しい改善活動体系への移行

・ 2019 年 8 月~2020 年 1 月 支社大会、本社予選会の開催

・ 2019 年 10 月 社員およびグループ会社社員からの公募により、新しい改善活動の名 称を『C&C 活動~Challenge and Change~』に決定

・ 2020 年 2 月 25 日(火) 第 1 回 C&C 活動全社発表会