国土交通省/11月の国際貨物はトンキロベースで前年比21・5%増|通販物流代行・物流コンサルティング・社員教育のイー・ロジット

物流ニュースLogistics News

「物流ニュース」は、物流関連のニュースリリース/プレスリリースを原文のまま多くの情報をご覧いただけます。

物流ニュース

国土交通省/11月の国際貨物はトンキロベースで前年比21・5%増

航空輸送統計速報(令和元年11月分)

令和2年1月31日

1.国内定期航空

11月分の国内定期航空の旅客輸送量は、9,333千人、8,575,700千人キロ、貨物輸送量は、67,411(75,212)トン、72,001(79,927)千トンキロであった。

 (1)旅客輸送は、人ベースで、対前年同月比2.4%増となっており、人キロベースでは、対前年同月比2.3%増であった。
    なお、座席利用率は、77.9%であった。
 (2)貨物輸送は、トンベースで、対前年同月比2.7%減(2.5%減)となっており、トンキロベースでは、対前年同月比2.7%減(2.5%減)であった。
    なお、重量利用率は、54.4%であった。

  (注)1.貨物輸送の( )内は、超過手荷物、郵便物を含む数値である。
     2.国内定期航空輸送実績には、コミュータ-航空輸送実績が含まれている。

2.国際航空

11月分の国際航空輸送の旅客輸送量は、1,887千人、8,821,990千人キロ、貨物輸送量は、137,800(144,419)トン、771,307(803,522)千トンキロであった。

 (1)旅客輸送は、人ベースで、対前年同月比0.8%減となっており、人キロベースでは、対前年同月比5.3%増であった。
    なお、座席利用率は79.3%であった。
 (2)貨物輸送は、トンベースで、対前年同月比16.0%増(13.6%増)となっており、トンキロベースでは、対前年同月比21.5%増(19.5%増)であった。
    なお、重量利用率は、63.2%であった。

  (注)貨物輸送の( )内は、超過手荷物、郵便物を含む数値である。

※詳細については、「航空輸送統計速報」を参照して下さい。
※この速報の統計数値を他に転載する場合には、必ず「航空輸送統計速報」による旨を明記して下さい。

添付資料

公表資料(PDF形式:668KB)PDF形式