日本貨物鉄道/宮城県大崎市からの要請を受け台風19号で発生した災害廃棄物 を都内清掃工場で受け入れるため鉄道輸送を実施|通販物流代行・物流コンサルティング・社員教育のイー・ロジット

物流ニュースLogistics News

「物流ニュース」は、物流関連のニュースリリース/プレスリリースを原文のまま多くの情報をご覧いただけます。

物流ニュース

日本貨物鉄道/宮城県大崎市からの要請を受け台風19号で発生した災害廃棄物 を都内清掃工場で受け入れるため鉄道輸送を実施

台風19号で発生した災害廃棄物の輸送について

このたび当社では、宮城県大崎市からの要請を受け、台風19号で発生した災害廃棄物 を都内清掃工場で受け入れるにあたって、以下の区間を鉄道により輸送します。 当社は、被災地及び被災者の皆様の復興の一助となるよう、災害廃棄物輸送についての これまでの経験を活かし、当該輸送に取り組んでまいります。

1.鉄道輸送区間

仙台貨物ターミナル駅(仙台市宮城野区)~隅田川駅(東京都荒川区)

2.搬出元

宮城県大崎市

3.搬入先

東京都区部及び多摩地域に所在する清掃工場

4.輸送開始日

2020 年 2 月 4 日から

5.輸送品目

災害廃棄物(稲わら)

6.輸送量

約 4,000 トン