日立物流/四半期利益は前年比7・2%減(2020年3月期 第3四半期決算短信〔IFRS〕(連結))|通販物流代行・物流コンサルティング・社員教育のイー・ロジット

物流ニュースLogistics News

「物流ニュース」は、物流関連のニュースリリース/プレスリリースを原文のまま多くの情報をご覧いただけます。

物流ニュース

日立物流/四半期利益は前年比7・2%減(2020年3月期 第3四半期決算短信〔IFRS〕(連結))

2020年3月期 第3四半期決算短信〔IFRS〕(連結)
単位・百万円  

            売上収益   調整後営業利益  EBIT 税引前四半期利益  四半期利益  親会社株主に帰属 する四半期利益

2020年3月期第3四半期 510,476 △4.7  25,899 7.6  30,140 9.4  25,851 △3.9  17,080 △7.2  16,252 △6.8

2019年3月期第3四半期 535,838 1.9   24,060 9.9  27,557 9.3  26,894 9.5   18,413 12.5   17,435 12.7

(略)

(1) 経営成績に関する説明(略)

売上収益は5,104億76百万円(前年同期比5%減)、調整後営業利益は258億99百万円(前年同期比8%増)、EBITは 301億40百万円(前年同期比9%増)、親会社株主に帰属する四半期利益は162億52百万円(前年同期比7%減)となりま した。

セグメント別の状況は次のとおりです。

【国内物流】(略)

当セグメントの売上収益は、自動車関連顧客の取り扱いは減少したものの、新規立ち上げ案件の寄与等により、 前年同期に比べ1%増加し、3,282億37百万円となりました。 セグメント利益は、増収影響のほか、生産性改善効果とIFRS第16号「リース」の適用等により、前年同期に比べ 16%増加し、194億95百万円となりました。

【国際物流】(略)

当セグメントの売上収益は、フォワーディング事業の取り扱い減少(日新運輸㈱の非連結化影響含む)や為替影 響等により、前年同期に比べ14%減少し、1,690億67百万円となりました。 セグメント利益は、減収影響のほか、フォワーディング事業でのリスクを織り込んだことなどにより、前年同期 に比べ6%減少し、53億89百万円となりました。

【その他 (物流周辺事業等) 】(略)

当セグメントの売上収益は、㈱日立トラベルビューロー(現 ㈱HTB-BCDトラベル)の非連結化影響等により、前年 同期に比べ12%減少し、131億72百万円となりました。 セグメント利益は、減収影響等により、前年同期に比べ31%減少し、10億15百万円となりました。

(略)