西部ガス/ISOタンクコンテナを利用した中国向けLNGトライアル出荷を実施|通販物流代行・物流コンサルティング・社員教育のイー・ロジット

物流ニュースLogistics News

「物流ニュース」は、物流関連のニュースリリース/プレスリリースを原文のまま多くの情報をご覧いただけます。

物流ニュース

西部ガス/ISOタンクコンテナを利用した中国向けLNGトライアル出荷を実施

ISOタンクコンテナを利用した中国向けLNGトライアル出荷について

2020年1月27日

西部ガスは1月27日、ひびきLNG基地(北九州市若松区)から中国のジャスダ・エナジー・テクノロジー(上海)社(中国・上海市、以下「ジャスダ社」)向けに、ISOタンクコンテナ※1(約18トン積、以下「コンテナ」)を利用したLNG2のトライアル出荷を実施しました。

今回のトライアル出荷は、LNGを出荷する際の手順や安全性を検証することが目的で、コンテナ15個(LNG出荷量:約270トン)を一度に輸出するものです。ひびきLNG基地でコンテナにLNGを充てんした後、北九州港のひびきコンテナターミナル(北九州市若松区)にトレーラーで陸上輸送し、定期コンテナ船に積み替えて中国(上海港)へ海上輸送しました。海外向けのコンテナによる一度のLNG出荷量としては、国内で最大規模となります。

近年天然ガス需要が増加する中国においては、ISOコンテナを利用したLNG需要も高まっており、需要地に近いひびきLNG基地から一定量まとめて出荷することにより、LNG需要の獲得を目指していきます。当社は、ひびきコンテナターミナルを管理する北九州市港湾空港局様をはじめとする関係行政機関のご協力をいただきながら、事業規模拡大を図ってまいります。

当社グループは、ひびきLNG基地を活用したグローバルビジネスを推進し、アジア地域におけるLNG取引の拠点化を進め、LNG供給の多様性の拡大及び自由度の向上に貢献してまいります。

※1 ISOタンクコンテナ・・・国際基準(ISO規格)に基づいて製造された安全性の高いコンテナ
※2 LNG = Liquefied Natural Gas(液化天然ガス)

以上

≪ご参考≫

■ジャスダ・エナジー・テクノロジー(上海)社の概要

会社名 JUSDA ENERGY TECHNOLOGY(SHANGHAI)CO., LTD.
設立 2018年11月20日
主要株主 フォックスコン・ジャスダ・インターナショナル社、
IDGエナジーインベストメント社
代表者 社長 梅族林 氏
所在地 中国上海市
事業内容 LNG等エネルギーの輸送事業
■出荷スキーム
ヒナタの杜の地図
■LNG出荷の様子
LNG出荷の様子
LNG出荷の様子

LNG出荷の様子
LNG出荷の様子