鴻池運輸/納 品 ま で の 一 貫 サ ー ビ ス を 強 化 バ ン グ ラデ シ ュの 検 品 ・検 針 ・修 整 作 業会 社 に 33%出 資|通販物流代行・物流コンサルティング・社員教育のイー・ロジット

物流ニュースLogistics News

「物流ニュース」は、物流関連のニュースリリース/プレスリリースを原文のまま多くの情報をご覧いただけます。

物流ニュース

鴻池運輸/納 品 ま で の 一 貫 サ ー ビ ス を 強 化 バ ン グ ラデ シ ュの 検 品 ・検 針 ・修 整 作 業会 社 に 33%出 資

日本向け 衣 料 品 縫 製 の 工 場 出 荷

~ 納 品 ま で の 一 貫 サ ー ビ ス を 強 化 バ ン グ ラデ シ ュの 検 品 ・検 針 ・修 整 作 業会 社 に 33%出 資

縫製品検品・修整大手(株)桑原の 現地合弁新会社 PQC KUWAHARA と合意

鴻池運輸株式会社(本社:大阪市 中央区、代表取締役兼社長執行役員 鴻池 忠彦、以下鴻池運輸) のバングラデシュ現地法人 KONOIKE EURO LOGISTICS (BANGLADESH) LTD.(本社:バングラ デシュ・ダッカ、代表者 MOHD.MONIRUZZAMAN、以下 KEL)は、衣料品の検品会社である株式 会社桑原 くわはら (本社:愛知県一宮市、代表取締役社長 桑原 英寿、以下(株)桑原)と PACIFIC QUALITY CONTROL CENTRE LTD.(本社:バングラデシュ・ダッカ、代表者 AKHTAR ZAMMAN、以下 PQC) が 2019 年 8 月 1 日にバングラデシュ・ダッカに設立した合弁会社、PQC KUWAHARA REPAIR CENTRE LTD.(本社:バングラデシュ・ダッカ、代表者 AKHTAR ZAMMAN 、以下 PQC KUWAHARA) に、資本金約 13 百万円の 33%を新たに出資することで PQC KUWAHARA と合意し、1 月 20 日に 調印を行いました。なお、出資完了後の PQC KUWAHARA の社名は、INREX BANGLADESH LTD. (仮 称)となる予定です。 バングラデシュは、縫製品製造工場の集積国ですが、現状日本向け製品の品質の基準を維持でき ない工場が多く、日本への輸出製品については、製品全数の第三者検品を実施し、出荷することが 大半です。また、検品の結果、不良品の比率が高く良品の数が出荷基準に満たない場合は、不良品 の修整・加工作業が必要です。 このような状況に鑑みて、日本でトップクラスの修整・加工技術を有する(株)桑原が、バングラ デシュで作業を実施することで、今後生産委託をする企業が増加することが見込まれます。 KONOIKE グループは、今回の資本出資を通して、(株)桑原の「修整・加工」、PQC の「検品・検 針」に、日本の物流企業としては初めて同国に進出した 2009 年以来、同国内で培ってきた豊富なノ ウハウと、衣料品に特化した日本国内の多機能型倉庫などを生かした「物流サービス」を組み合わせ、 衣料品の工場出荷から納品までの一貫した、高品質なサービスを提供していきます※。また、出資先 PQC KUWAHARA の既存顧客にもサービス提供をご提案することによる事業拡大を目指します。

【ご参考】鴻池運輸と(株)桑原は、2013 年 11 月に資本提携を伴わない業務提携を行い、それぞれ の得意分野、事業領域、経営資源を相互活用した海外・国内における協力関係の構築を図ってきまし た。具体的には、鴻池運輸の衣料品に特化した多機能型倉庫の厚木流通センター(神奈川県 厚木市) における衣料品や雑貨の検品から修整までの一括対応サービスや、鴻池運輸の海外拠点における検品 ~輸送~日本国内のお客さまへの納品までのワンストップサービスなどの実績を重ねてきました。