国土交通省/海上輸送の安全にかかわる情報(平成30年度)を公表|通販物流代行・物流コンサルティング・社員教育のイー・ロジット

物流ニュースLogistics News

「物流ニュース」は、物流関連のニュースリリース/プレスリリースを原文のまま多くの情報をご覧いただけます。

物流ニュース

国土交通省/海上輸送の安全にかかわる情報(平成30年度)を公表

海上輸送の安全にかかわる情報(平成30年度)を公表します
~旅客船及び貨物船に対する立入検査の実施状況等~

令和2年1月21日

国土交通省は、海上輸送の安全確保のため、船舶運航事業者等に対して立入検査を実施しており、平成30年度の実施件数は2,946件、指導又は処分を行った事案は50件、うち2件は「海上運送法に基づく輸送の安全の確保に関する命令」を発出しました。

立入検査実施状況及び処分状況
 
  平成28年度 平成29年度 平成30年度
事故発生時等の立入検査(注[1])実施件数 89 63 66
通常時の立入検査(注[2])等実施件数 2,979 2,843 2,880
合  計 3,068 2,906 2,946
処分等実施件数(注[3]) 49 41 50
  うち、安全確保命令発出件数(注[4]) 3 3 2
注[1]:事故発生時などに緊急に行われる検査
注[2]:通常時定期的に行われる検査
注[3]:輸送の安全確保に関する指導又は処分を行った件数
注[4]:安全確保に関する命令(処分)を発出した件数
 
本公表は、海上運送法第19条の2の2及び内航海運業法第25条の2の規定に基づき、平成30年度における、地方運輸局等による立入検査の実施状況と処分・指導事例を、輸送の安全にかかわる情報として公表するものです。
本公表は、利用者による事業者への監視が強まり、事業者の「輸送の安全の確保」に対する意識が高まることにより、海上輸送の安全の確保が図られることをねらいとしています。
 
「海上輸送の安全にかかわる情報(平成30年度)」本文については、別添資料をご参照ください。