近鉄エクスプレス/運送責任限度額を改定|通販物流代行・物流コンサルティング・社員教育のイー・ロジット

物流ニュースLogistics News

「物流ニュース」は、物流関連のニュースリリース/プレスリリースを原文のまま多くの情報をご覧いただけます。

物流ニュース

近鉄エクスプレス/運送責任限度額を改定

2019/12/25

 本年12月28日よりモントリオール条約にて規定されている運送人の責任限度額が、損害を受けた貨物1キログラム当たり、「19SDR(特別引出権)」から「22SDR」に引き上げられることに伴い、12月28日以降、当社NEUTRAL WAYBILLにてお引き受けする運送に関して、22SDRの責任限度額を適用いたしますので、お知らせいたします。

 また、ウエブサイト上に掲載の国際利用航空運送約款については、今般の変更を反映した標準国際利用航空運送約款へ同日をもって変更いたします。

 尚、NEUTRAL WAYBILLの裏面約款につきましては、当面は現行の裏面約款を印刷したものをそのまま使用させていただき、その根拠となるIATA新600bの決議の改定が整い次第、順次新しいNEUTRAL WAYBILLへ切り替えてまいります。