飯野海運/新造メタノール船が竣工|通販物流代行・物流コンサルティング・社員教育のイー・ロジット

物流ニュースLogistics News

「物流ニュース」は、物流関連のニュースリリース/プレスリリースを原文のまま多くの情報をご覧いただけます。

物流ニュース

飯野海運/新造メタノール船が竣工

新造メタノール船竣工

~当社初の2元燃料主機関搭載船~

12 月 23 日、当社初の 2 元燃料主機関搭載船であるメタノール船「Creole Sun」が韓国の現 代尾浦造船にて竣工しました。

本船は当社と三井物産株式会社が共同出資する Joint Venture Company で保有され、当社 グループの船舶管理のもと、WATERFRONT SHIPPING COMPANY LIMITED 社*へ⾧ 期用船されます。本船の 2 元燃料主機関は、適合油***だけでなく、メタノールを推進燃料 とすることが可能となっており、メタノール燃料使用時は適合油と比べ、硫黄酸化物(SOx) 及び窒素酸化物(NOx)排出の大幅な削減が期待されます。これらは 2020 年から始まる国 際海事機関(IMO)が定めた硫黄分濃度規制や NOx 3 次規制にも対応しています。 当社では経営理念として「社会的要請へ適応し環境に十分配慮」することを掲げており、ま た中期経営計画「Be Unique and Innovative.‐創立 125 周年(2024 年)に向けて‐」におい ても、次世代燃料船実用化に向けた取組みを重点強化策のひとつと位置づけております。こ れからも環境負荷を低減する技術導入に積極的に取り組み、持続可能な社会の実現に貢献 していきます。

* WATERFRONT SHIPPING COMPANY LIMITED 社について: 世界最大のメタノール生産者である METHANEX CORPORATION** 100%出資の海運会 社で、北米・アジア太平洋・欧州・南米など世界の主要航路にてケミカル製品・石油製品の 輸送に従事。メタノール船としては計 30 隻を運航しており、世界最大の運航隻数を誇る。

**METHANEX CORPORATION 社について: カナダ・バンクーバーに本社を持つ世界最大のメタノール生産者。主な生産拠点をカナダ・ チリ・エジプト・ニュージーランド・トリニダードトバゴ・米国に持ち、北米・アジア太平 洋・欧州・南米など世界各国へメタノールを安定供給している。

***適合油について: 低硫黄(硫黄分 0.5%以下)の舶用燃料油。舶用燃料油の硫黄分濃度の規制(SOx 規制)強 化が 2020 年 1 月 1 日より実施、これに伴い世界の船舶は、本年末までに現状の高硫黄(硫 黄分 3.5%以下)燃料油から低硫黄(硫黄分 0.5%以下)の規制適合油へ燃料を切替える必要 がある。