日本郵船/MarCoPay Inc.がフィリピン中央銀行の許認可を取得|通販物流代行・物流コンサルティング・社員教育のイー・ロジット

物流ニュースLogistics News

「物流ニュース」は、物流関連のニュースリリース/プレスリリースを原文のまま多くの情報をご覧いただけます。

物流ニュース

日本郵船/MarCoPay Inc.がフィリピン中央銀行の許認可を取得

MarCoPay Inc.がフィリピン中央銀行の許認可を取得

~来春から本格運用を開始!~

2019年12月10日、当社とフィリピンのTransnational Diversified Group(TDG、注)が共同で設立した電子通貨プラットフォーム事業会社MarCoPay Inc.は、フィリピン中央銀行から電子通貨発行業のライセンスを取得しました。

この許認可によりMarCoPay Inc.は事業開始に必要なライセンスの取得を完了しました。2020年1月に当社の保有船でMarCoPayのサービスを開始し、来春を目途に他船主・管理会社向けにも本格展開する予定です。MarCoPayプラットフォームの拡大により、世界中の外国人船員と家族の生活の利便性向上を目指します。

当社は中期経営計画"Staying Ahead 2022 with Digitalization and Green"に基づき、今後も積極的にデジタライゼーションを推進し、船員のより豊かな暮らしの実現に貢献します。

<スマートフォン専用アプリの画面イメージ>

(注)Transnational Diversified Group(TDG)
主に物流事業、船舶の代理店業と船員供給事業、旅行業、情報通信技術などを手がける40以上の事業会社で構成されるフィリピンの複合企業グループで、再生可能エネルギーや農業、不動産などへの投資も行っています。当社とは設立時の1976年から協力関係にあり、現在はフィリピンにおける戦略的パートナーとして連携を強化しています。

<関連プレスリリース>