Yper/宅配バッグOKIPPA、大手配送会社協力のもと、八尾市で再配達削減1000世帯実証実験を開始|通販物流代行・物流コンサルティング・社員教育のイー・ロジット

物流ニュースLogistics News

「物流ニュース」は、物流関連のニュースリリース/プレスリリースを原文のまま多くの情報をご覧いただけます。

物流ニュース

Yper/宅配バッグOKIPPA、大手配送会社協力のもと、八尾市で再配達削減1000世帯実証実験を開始

【プレスリリース】宅配バッグOKIPPA、大手配送会社協力のもと、八尾市で再配達削減1000世帯実証実験を開始!

物流系ITスタートアップのYper株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役 内山 智晴、以下「Yper」)は、八尾市グリーン交通・配送推進協議会と協議会委員である大手配送会社の配送協力のもと、簡易宅配ボックスであるOKIPPAを用リーン交通・配送推進協議会と協議会委員である大手配送会社の配送協力のもと、簡易宅配ボックスであるOKIPPAを用いた再配達防止及び二酸化炭素排出量削減を目的とした実証実験を実施します。八尾市に在住のモニター様1000世帯にいた再配達防止及び二酸化炭素排出量削減を目的とした実証実験を実施します。八尾市に在住のモニター様1000世帯に抽選でOKIPPAを無償配布致します。抽選でOKIPPAを無償配布致します。

■背景
2019年6月に国交省が発表した最新の宅配便再配達率は16.0%(都市部18.0%、都市近郊部15.2%、地方12.4%)と前年の15.0%と比較して1ポイント悪化しています。2017年度の調査開始時の16%より数字上は再配達が減少しておりませんが、宅配物の取扱個数は2017年から2018年の間で、42.5億個から43.7億個に増加しており再配達個数自体は増加しています。国交省は「総合物流施策推進プログラム」において宅配便の再配達率の削減目標(2020年度13%程度)を設定し、集合型の宅配ボックス以外にも、置き配検討会を設置するなど消費者の受取り方の選択肢を多様化する施策を検討しています。今回、八尾市グリーン交通・配送推進協議会が中心となり、簡易宅配ボックスOKIPPAを開発・販売するYperは、当協議会委員である大手配送会社の協力のもと、消費者が手軽に設置可能なOKIPPAを用いた実証実験を行います。地方自治体である八尾市と共同開催することで再配達防止が可能な方法の周知を図るとともに、地球温暖化の原因である二酸化炭素の削減効果の把握を目的としています。

■実証実験の実施場所・日時
・場所:八尾市全域
・期間:2020年1月20日(月)〜2020年2月16日(日)(予定)

■実証実験モニター応募方法
【応募リンク】
キャンペーンサイト:https://www.okippa.life/poc-20200120_yao/

【モニター応募受付期間】
2019年12月20日(金)〜2020年1月8日(水)

【主な応募条件】
・大阪府八尾市に在住の方
・月に2〜3回以上、通販等により購入した商品を宅配便で受け取っていること
・オートロック環境の住居にお住まいでないこと
・OKIPPAを転売・譲渡等しないこと
・実証実験参加規約に同意頂くこと(お申込フォーム内にあります)

【抽選方法】
応募期間終了後に、Yperにて当選者の抽選を行い、OKIPPAの発送をもって当選の発表に代えさせていただきます。募集世帯数は1000世帯になります。一世帯あたりOKIPPA一つが上限となります。

■OKIPPAとは?

OKIPPAは、手のひらサイズの置き配バッグ(簡易宅配ボックス)と専用アプリで、宅配の再配達をなくすことができるサービスです。2018年9月中旬の発売開始から累計販売数は13万個を突破しています。置き配バッグは、通常の置き配(宅配物を玄関前にダンボールのまま置く方法)と堅牢な宅配ボックスの中間に位置し、スペースのない場所にも手軽に宅配ボックス環境を提供できる製品です。玄関口に固定する専用ロックと内鍵(南京錠)が付属しており、通常の置き配と比較し、盗難や個人情報漏洩のリスクを大幅に低減できるのが特徴です。収納時は手のひらサイズまで折りたたみ可能で、設置工事は発生せず、女性でも簡単に取り付けが可能です。専用のOKIPPAアプリと併用することで、OKIPPAバッグに荷物が預入されるとアプリに通知が入ります。万が一、再配達になった場合も再配達依頼をアプリから簡単に完了することができます。盗難が心配な場合には、プレミアムプランの一つである東京海上日動とYperが共同開発した専用の「置き配保険」(盗難補償)が利用可能です。
2018年12月にYperと日本郵便が東京都杉並区1,000世帯で実施した実証試験では、再配達を約61%削減することに成功しました。

■OKIPPAバッグ&専用アプリ

置き配バッグ『OKIPPA』 製品概要

おしゃれなエコバッグShupattoを開発している生活雑貨メーカーの株式会社マーナと共同開発。

品名 : OKIPPA(バッグ・専用ロック・内鍵、専用バンド、取扱説明書他7点セット)
カラー : 全1色(ネイビー) 
通常販売価格 : 税別3,685円(送料別途360円)
材質 : 本体/ポリエステル(撥水加工)、持ち手/ポリエステル
耐荷重 : 13kg
サイズ : バッグ使用時/約70×66cm(容量57L)、折りたたみ時/約13×13cm(厚さ5cm)
購入サイト:https://store.okippa.life/
※一般的に、簡易宅配ボックスと配送会社間で利用契約等は存在しないため、配送環境や配送員によっては利用が困難な場合がございます。
※ドアノブの形状にもよりますが、専用の結束バンドが付属されており、大抵のドアノブ(L字型、丸型等)には取り付けが可能となっています。

OKIPPAアプリ(iOS/Android)
Amazon、楽天のECサイトアカウントまたはGmail/Hotmail(Amazon、ユニクロ、ZOZOTOWN、他数社を取込可能)をアプリ内で連携するだけで、自動で購入した商品の配送状況をアプリに取込み管理します。配送会社5社(ヤマト運輸、日本郵便、佐川急便、Amazonデリバリープロバイダー各社、楽天EXPRESS)の配送状況が表示可能で、万が一、再配達になった場合にもOKIPPAアプリから再配達依頼が可能です。また、OKIPPAに荷物が配送完了すると、配送完了の通知が受信可能です。
※完了通知は遅れが生じる場合があります。
OKIPPAの最新情報はTwitter(https://twitter.com/OKIPPALIFE)でも配信しています。
▼アプリダウンロードはコチラ▼
iOS: https://itunes.apple.com/jp/app/%E8%8D%B7%E7%89%A9%E7%AE%A1%E7%90%86nr/id1334541155?mt=8
Android: https://play.google.com/store/apps/details?id=com.nr_yper

■実証実験実施主体の組織概要

商号:Yper株式会社
設立:2017年8月3日
本社住所:〒150-0036 東京都渋谷区東京都渋谷区南平台町13-15 
代表者:代表取締役 内山智晴
物流分野でシステム開発、アプリ開発を行うIT系スタートアップ。「Creating HYper Service 世の中に最高のサービスを」を企業理念に、ソフトウェア開発を行っています。2019年3月から国交省・経産省の「置き配検討会」委員。 
OKIPPA製品公式サイト: https://www.okippa.life/
会社サイト :  https://www.yper.co.jp/
Yper採用窓口:hr@yper.co.jp(全職種募集中※リファラル採用のみのため、営業メールはご遠慮ください)

団体名:八尾市グリーン交通・配送推進協議会(事務局:大阪府八尾市経済環境部環境保全課)
設立:2005年5月17日
八尾市グリーン交通・配送推進協議会(旧名:八尾市グリーン配送推進協議会)では、大気汚染や地球温暖化を防ぐため、エコドライブや配送の効率化をすすめ、また意見交換や情報交換を行い、啓発・広報活動に取り組んでいます。
協議会は、市⺠・事業者・行政によって構成され、三者が協働し取組を推進しています。協議会の詳細・構成メンバーはこちら https://www.city.yao.osaka.jp/0000003197.htm