商船三井/避航操船アルゴリズムと運航自動化に関する共同研究を開始|通販物流代行・物流コンサルティング・社員教育のイー・ロジット

物流ニュースLogistics News

「物流ニュース」は、物流関連のニュースリリース/プレスリリースを原文のまま多くの情報をご覧いただけます。

物流ニュース

商船三井/避航操船アルゴリズムと運航自動化に関する共同研究を開始

避航操船アルゴリズムと運航自動化に関する共同研究を開始
~自律航行実現に向けた人工知能の開発を目指し「FOCUS BRAIN」シリーズを命名~

2019年12月20日

船舶維新 ISHIN NEXT

株式会社商船三井(社長:池田潤一郎、本社:東京都港区、以下「商船三井」)と株式会社MOLマリン(社長:稲岡俊一、本社:東京都港区)、国立研究開発法人海上・港湾・航空技術研究所 海上技術安全研究所(理事長:大和裕幸、本所:東京都三鷹市、以下「海上技術安全研究所」)及び国立大学法人東京海洋大学(学長:竹内俊郎、所在地:東京都港区、以下「東京海洋大学」)は、「避航操船アルゴリズムと避航自動化に関する共同研究」を行っていくことで合意し、契約を締結しました。

本共同研究では、「衝突自動回避アルゴリズム」と「自律航行/遠隔操船システム」の研究を行うとともに、操船シミュレーターや実船を用いて、海技者が避航操船を含む自律航行/遠隔操船システムの評価を行い、システム開発及び実船装備に備えます。

自船の針路に対する相手船による航行妨害ゾーン(Obstacle Zone by Target、以下「OZT」)(註1)を考慮した上で、危険を避けて航行する(避航)ための避航航路設定にルールベースや強化学習等のAI技術(註2)を応用し、自律航行/遠隔操船システムの実用化を図ります。

当社では、「AR航海情報表示システム」(註3)などの「認知」にかかわる航海支援システムを「FOCUS EYE」シリーズと区分していますが、今回の衝突自動回避アルゴリズムなどの「判断」にかかわる航海支援システムを新たに「FOCUS BRAIN」シリーズとし、安全運航の高度化や自律航行船の実現に向けた取り組みを加速していきます(註4)。

商船三井は、2016年11月に発表した「船舶維新NEXT~MOL SMART SHIP PROJECT~」の掲げる高度安全運航支援・環境負荷低減を推進すると共に、ICT技術を利活用したサービス向上を通じ、物流のビジネスパートナーとしてお客様に選ばれる企業グループを目指します。

OZTを回避する避航操船時の航路推定イメージ(図:海上技術安全研究所提供)
操船者からみた画面表示

※AIS:(船舶自動識別装置; Automatic Identification System)、TT:(目標追尾; Target Tracking)

(註1) 相手船による航行妨害ゾーン(OZT:Obstacle Zone by Target)とは、自船が針路を変更した場合に、周囲を航行する船(相手船)と衝突する可能性のある領域を差す船舶の衝突リスク表現手法。詳しくは下記2件のプレスリリースご参照。
2018年7月6日付プレスリリース「自動衝突防止に繋がる先進的な航行支援システムに関する共同研究を開始 ~将来の自律航行船の実現に向けた更なる取組み~
2018年12月21日付プレスリリース「衝突回避アルゴリズムを活用した先進的な航行支援システムの評価及び公開実験を実施 ~自律航行に向けた自動衝突防止にも繋がる取組み~

(註2) ルールベースと強化学習はいずれも人工知能(AI)技術のアプローチ。
ルールベース:与えられた条件でどのような行動を取るのか、人がルール化してプログラムする手法。
強化学習:与えられた条件でどのような行動を取るのか、機械が試行錯誤して学習する手法(機械学習のアルゴリズムの一つ)。

(註3) 詳しくは下記3件のプレスリリースご参照。
2017年12月26日付プレスリリース「将来の自律航行船に繋がるAR技術を活用した航海情報表示システムを共同開発 ~航海中の操船や見張りをサポートし、安全運航体制を一層強化~
2018年10月11日付プレスリリース「自動車運搬船に続き、大型原油タンカーへのAR技術を活用した航海情報表示システムの試験搭載 ~航海中の操船や見張りをサポートし、安全運航体制を一層強化~
2019年4月22日付プレスリリース「AR航海情報表示システムを大型原油タンカー21隻に搭載決定 ~航海中の見張りや操船をサポートし、世界最高水準の安全運航へ~

(註4) FOCUSプロジェクトについては下図およびプレスリリースご参照。
自律航行船(MOL Autonomous Smart Ship)への取り組み
2018年10月15日付プレスリリース「始動!『FOCUS』プロジェクト ~業種を超えた協創、ICTを活用したデータドリブンな取り組みを通じて更なる安全運航強化・環境負荷低減を実現する~