商船三井/商船三井客船が「クルーズ・オブ・ザ・イヤー2019」優秀賞を受賞|通販物流代行・物流コンサルティング・社員教育のイー・ロジット

物流ニュースLogistics News

「物流ニュース」は、物流関連のニュースリリース/プレスリリースを原文のまま多くの情報をご覧いただけます。

物流ニュース

商船三井/商船三井客船が「クルーズ・オブ・ザ・イヤー2019」優秀賞を受賞

商船三井客船が「クルーズ・オブ・ザ・イヤー2019」優秀賞を受賞

2019年12月19日

瀬戸内海を航行中のにっぽん丸

株式会社商船三井(社長:池田潤一郎、本社:東京都港区、以下「商船三井」)のグループ会社である商船三井客船株式会社(社長:山口直彦、本社:東京都港区、以下「商船三井客船」)は、「『にっぽん丸』による瀬戸内海クルーズ」により、一般社団法人日本外航客船協会主催による「クルーズ・オブ・ザ・イヤー2019」(註1)の優秀賞を受賞しました。

対象となったクルーズは、①秋のウィークエンド 瀬戸内海・大三島クルーズ(10月18日~20日)②博多発着 にっぽん丸 瀬戸内国際芸術祭クルーズ(10月20日~22日)の2本です。人気の高い瀬戸内海クルーズに、関連企業・団体や地域との協力・連携によってさらに価値を付加することで、全国区での販売に成功し、新たなクルーズ顧客層の創出につなげたことが高く評価されました。瀬戸内海は全長200m以上の船舶の航行に制限がありますが、小回りの利く「にっぽん丸」だからこそ、瀬戸内海の魅力を存分に引き出すクルーズを実施することができました。

優秀賞の授賞式は12月18日に行われ、日本外航客船協会から商船三井客船に記念の盾が贈られました(註2)。

「にっぽん丸」は来年、就航30周年を迎えます。来春には約50日間の改装工事も予定しています。より多くのお客様に快適な船旅をお楽しみいただけるよう、商船三井グループは引き続きサービス向上に積極的に取り組んでいきます。

授賞式でコメントを述べる商船三井客船の中嶋一馬グループリーダー
授賞式でプレゼンテーションを行う商船三井客船の中嶋一馬グループリーダー

(註1) オリジナリティーに溢れ、且つ日本のクルーズマーケット拡大に貢献したクルーズ旅行商品を企画、実施した旅行会社・客船会社等を一般社団法人日本外航客船協会(主催)、国土交通省・観光庁・一般社団法人日本旅行業協会(後援)が表彰する制度で、今回が12回目となる。

(註2) 対象クルーズを共催した株式会社JTB、瀬戸内国際芸術祭実行委員会、西日本旅客鉄道株式会社、公益財団法人福武財団との連名での受賞。